メインメニューを開く

華麗なるギャツビー』(The Great Gatsby)は1974年制作のアメリカ合衆国の映画F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』の映画化作品。アカデミー賞衣裳デザイン賞、編曲賞を受賞した。

華麗なるギャツビー
The Great Gatsby
監督 ジャック・クレイトン
脚本 フランシス・フォード・コッポラ
原作 F・スコット・フィッツジェラルド
グレート・ギャツビー
製作 デヴィッド・メリック
出演者 ロバート・レッドフォード
ミア・ファロー
音楽 ネルソン・リドル
主題歌 ウィリアム・アザートン
撮影 ダグラス・スローカム
編集 トム・プリーストリー
製作会社 ニュードン・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年3月29日
日本の旗 1974年8月3日
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,500,000
興行収入 $20,563,273[1]
配給収入 3億3000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

あらすじ編集

ニューヨークの郊外、ロングアイランドのウェストエッグにあるその大邸宅では毎夜、豪華絢爛な饗宴が繰り広げられていた。近隣から、ニューヨークから着飾った大勢の男女が訪れ、軽快な音楽に合せてダンスを踊り、シャンペンが何本も抜かれ、何人ものコックが大量のご馳走を作り、給仕達が忙しく、大広間、芝生の庭、プールの回りを駆け回っていた。ニック・キャラウエイはある夜その喧騒が静まった静寂の中、じっと佇み、海の向こうの緑色のランプを見つめる男を見かける。その男はギャツビー、かつての恋人デイジーに再会するために盛大なパーテイを毎夜繰り返していた。

数年前、大富豪の娘であるデイジーと軍人のギャツビーは愛し合うようになるが、ギャツビーは戦場に行き、帰ってきても無一文の貧乏青年。デイジーはギャツビーをあきらめ、大金持ちのトム・ブキャナンと結婚してしまう。1920年代の繁栄するアメリカの中でギャツビーは成功を収め巨万の富を得て、デイジーの愛を取り戻そうとする。

ギャツビーはニック・キャラウエイの手助けによりデイジーとの再会を果たす。夫への愛が冷めていたデイジーも過去の愛を思い起こしていく。デイジーの愛を再度得たギャツビーはトムと別れることを望むが、デイジーは決心がつかず、ギャツビーとトムの口論に取り乱し、部屋を飛び出す。後を追うギャツビー。その帰り道に事故が起きる。愛のため自分を犠牲にすることを厭わないギャツビーだったが、悲劇は事故だけでは終わらず、思わぬ方向へと展開していく。果たしてギャツビーの思いは遂げられるのだろうか。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ TBS
ジェイ・ギャツビー ロバート・レッドフォード 森川智之 北村総一朗 広川太一郎
デイジー・ブキャナン ミア・ファロー 石塚理恵 田島令子 岡本茉利
トム・ブキャナン ブルース・ダーン 家中宏 田口計 有川博
ニック・キャラウェイ サム・ウォーターストン 宮本充 大出俊 堀勝之祐
ジョージ・ウィルソン スコット・ウィルソン 咲野俊介 堀勝之祐 納谷六朗
マートル・ウィルソン カレン・ブラック 朴ロ美 緑魔子 弥永和子
ジョーダン・ベーカー ロイス・チャイルズ 渡辺美佐 弥永和子 横尾まり
パメラ パッツィ・ケンジット 鈴木富子
マイヤー・ウルフシャイム ハワード・ダ・シルバ 宝亀克寿 加藤正之
その他 石波義人
斎藤恵理
岩崎ひろし
青山穣
遠藤純一
定岡小百合
あおきさやか
奥田啓人
水落幸子
風村綾乃
船木真人
大鐘則子
宇乃音亜季
塚田正昭
伊井篤史
榊原良子
広瀬正志
島香裕
  • ソフト版
  • 演出:斉藤敏夫、翻訳:飯嶋永昭、調整:山田太平、効果:TFCグループ、制作:東北新社
  • 演出:河村常平、翻訳:飯嶋永昭、プロデューサー:安田孝夫、制作:東北新社/TBS

出典編集

  1. ^ The Great Gatsby”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月28日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)322頁

参考文献編集

外部リンク編集