華麗なるギャツビー (宝塚歌劇)

華麗なるギャツビー』(かれいなるギャツビー)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。

原作はF・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー[1][2]』。

脚本・演出は小池修一郎[1][2]。作曲・編曲は吉崎憲治甲斐正人

1991年初演。原作の世界初のミュージカル化だった。

公演データ編集

1991年雪組
1991年8月8日から9月17日[3](新人公演:9月6日[4])に宝塚大劇場で、同年12月3日から12月26日[5](新人公演:12月10日[6])に東京宝塚劇場で上演。併演(本公演のみ)はショー『ラバーズ・コンチェルト[7]』。
形式名は「ミュージカル[7]」。17場[7]
雪組トップ娘役、鮎ゆうきの宝塚退団公演となった[8]
上演当時、NHK衛星放送)で実況中継され、後に宝塚歌劇専門CSチャンネル“TAKARAZUKA SKY STAGE”で再放送された。実況録音CDも発売されていた(現在廃盤)。
1992年・雪組
1992年2月2日から2月17日[9]中日劇場で上演。併演は『ラバーズ・コンチェルト[9]』。
2008年月組
2008年9月1日から9月23日に日生劇場[2]で上演。『グレート・ギャツビー』に改題。
形式名は「ミュージカル[2]」。2幕[2]
初演の脚本に推敲・加筆、規模を拡充し一本立て作品として上演。
実況DVDが発売(2008年11月発売)された(発売:TCA・現在廃盤)。
2022年・月組
公演期間は宝塚大劇場では2022年7月16日~9月17日、東京宝塚劇場では9月10日~10月9日。内容を更にバージョンアップし、

『グレート・ギャツビー』のタイトルで一本立ての作品として上演予定。[10]

スタッフ編集

1991年(スタッフ)編集

出演者一覧編集

2008年(出演者)編集

※宝塚公式ページ[11]を参照。

汝鳥伶専科所属)
磯野千尋(専科所属)
梨花ますみ(専科所属)
瀬奈じゅん越乃リュウ一色瑠加遼河はるひ涼城まりな
青樹泉城咲あい憧花ゆりの妃鳳こころ美夢ひまり
綾月せり羽咲まな光月るう夏月都彩央寿音
華央あみり紗蘭えりか美翔かずき沢希理寿宇月颯
琴音和葉彩星りおん瑞羽奏都紫門ゆりや白雪さち花
咲希あかね春咲ころん華那みかり舞乃ゆか煌月爽矢
風凛水花鳳月杏花陽みら星輝つばさ真凜カンナ

主な配役編集

1991年(配役)編集

本公演
新人公演

1992年(配役)編集

  • ギャツビー - 杜けあき[9]
  • デイジー - 紫とも[9]
  • ニック - 一路真輝[9]
  • トム - 海峡ひろき[9]
  • ジョーダン - 小乙女幸[9]
  • ウィルソン - 古代みず希[9]
  • マートル - 早原みゆ紀[9]
  • ヘンリー - 岸香織[9]
  • ウルフシェイム - 高嶺ふぶき[9]
  • ビロクシー - 轟悠[9]
  • ラウル - 香寿たつき[9]
  • エリザベス - 京三紗[9]
  • アンソニー - 飛鳥裕[9]
  • ジュディ - 純名里沙[9]

2008年(配役)編集

  • ジェイ・ギャツビー - 瀬奈じゅん[12]
  • デイジー・ブキャナン - 城咲あい[12]
  • 警視総監/ヘンリー・C・ギャッツ - 汝鳥伶[12]
  • ジョージ・ウィルソン - 磯野千尋[12]
  • エリザベス・フェイ/セイヤー夫人 - 梨花ますみ[12]
  • マイヤー・ウルフシャイム - 越乃リュウ[12]
  • アンソニー・フェイ/スラッグル/カーター - 一色瑠加[12]
  • ニック・キャラウェイ - 遼河はるひ[12]
  • ジョーダン・ベイカー - 涼城まりな[12]
  • トム・ブキャナン - 青樹泉[12]
  • マートル・ウィルソン - 憧花ゆりの[12]
  • ヒルダ - 妃鳳こころ[12]
  • サリー/マーゴット・ニコルソン - 美夢ひまり[12]
  • ユーイング・クリフスプリンガー/サム - 綾月せり[12]
  • ジュディ・フェイ - 羽咲まな[12]
  • ビロクシー - 光月るう[12]
  • キャサリン - 夏月都[12]
  • ラウル - 彩央寿音[12]
  • ニコルソン市長/ビル - 華央あみり[12]
  • ミニー - 紗蘭えりか[12]
  • ボブ - 美翔かずき[12]
  • レクエルドの歌手 - 沢希理寿[12]
  • ディック - 宇月颯[12]
  • ギャツビー(少年時代)- 彩星りおん[12]
  • エディ・ニコルソン - 紫門ゆりや[12]
  • ジャッキー - 白雪さち花[12]
  • ニッキー - 咲希あかね[12]

2022年(配役)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 

外部リンク編集