メインメニューを開く

萩原 美樹子(はぎわら みきこ、1970年4月17日[1] - )は福島県福島市出身[1]の元プロバスケットボール選手、バスケットボール指導者である。ニックネームは王様の「オー」。 早稲田大学第二文学部歴史民族系専修卒業、学位(文学士)(早稲田大学)[2]、早稲田大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了[1][3]

萩原美樹子
Hagiwara Mikiko
Hagiwara mikiko.jpg
早稲田大学 HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) フォワード
身長(現役時) 178cm (5 ft 10 in)
--
基本情報
本名 萩原美樹子
愛称 オー
ラテン文字 Hagiwara Mikiko
日本語 萩原美樹子
誕生日 (1970-04-17) 1970年4月17日(49歳)[1]
日本の旗 日本
出身地 福島県福島市[1]
ドラフト  

経歴編集

蓬莱小学校4年生の時に、バスケット選手だった父の影響でミニバスケットボールを始める[1]。伝統校福島女子高校時代には、インターハイ、国体ともに2回出場した[1]

卒業後の1989年共同石油に入社、バスケットボール部に所属。かつて共石で活躍していた竹山とよ子に憧れており、念願を叶える形になった[4]1993年から4年連続で得点王に輝いた。また、入社と同時に全日本入りを果たし、1996年アトランタオリンピックに出場した。

1997年には、日本人では初めてWNBAドラフトで2巡目全体14位指名を受けサクラメント・モナークスに入団、日本人初のWNBA選手としてプレーした。シーズン途中にフェニックス・マーキュリーに移籍。もちろん、日本人で初めてWNBAでの移籍を経験した選手である。2年目のシーズン途中に再び故障者リストに入り退団を決意。

帰国後はジャパンエナジーに復帰し1999年1月に全日本総合選手権で優勝した後、選手生活を終えた。

2004年アテネオリンピックではバスケットボール女子チームのアシスタントコーチを務める。2005年、女性初の全日本監督に白羽の矢が立ったが辞退。

現役引退後、早稲田大学第二文学部社会人間系専修を卒業する。 現在はジャパンエナジーCSR推進部に所属する一方、早稲田大学大学院人間科学研究科博士前期課程を修了。 早稲田大学女子バスケットボール部ヘッドコーチも務める。

2007年、日本代表アシスタントコーチに復帰。

2013年、女子ユニバーシアード代表チームヘッドコーチに就任。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 萩原美樹子のプロフィール”. RIGHTS.. 2019年8月24日閲覧。
  2. ^ 第928号 Apr.12,2001”. 早稲田大学. 2019年8月24日閲覧。
  3. ^ メンバー紹介”. 早稲田大学. 2019年8月24日閲覧。
  4. ^ WEB独占インタビュー|萩原美樹子すべての日記 - ウェイバックマシン(2014年2月28日アーカイブ分) - BASKETBALL ZINE

関連項目編集

外部リンク編集