萱野駅(かやのえき)は、北海道三笠市萱野にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)幌内線である。電報略号カヤ。幌内線の廃止に伴い、1987年昭和62年)7月13日に廃駅となった。

萱野駅
かやの
Kayano
栄町 (2.3km)
(4.6km) 三笠
所在地 北海道三笠市萱野
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 幌内線
キロ程 6.3km(岩見沢起点)
電報略号 カヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年大正2年)9月11日
廃止年月日 1987年昭和62年)7月13日
備考 幌内線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

歴史編集

 
1976年の萱野駅と周囲500m範囲。左が岩見沢方面。島式ホーム1面2線と、駅舎前に貨物積卸線、駅舎横の三笠側に線路まで屋根の張り出した貨物ホームを持つ。この後、貨物荷物取扱い廃止に伴い貨物線が撤去され、島式ホームの駅舎側本線も三笠側分岐が切られて引込線化された。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

農村地域で、早くから農地開墾が進み、三笠市や岩見沢市内への農産物供給地であった。1898年(明治31年)頃から当地区の有志による駅設置運動があったが、1910年(明治43年)から当時の三笠山村として当駅開設の陳情を開始し、1912年(明治45年)6月に受理、同年11月工事着工となった。開駅の翌年1914年大正3年)には日本製麻萱野工場が近くで操業を開始し、1925年?(大正14年)の工場閉鎖まで当駅は活況を呈した。当駅開設の理由としてこの工場開設によるものとの説もある。当工場閉鎖により当駅利用も一時低下したが、周辺地域人口の増加に伴い回復した[1]

駅名の由来編集

アイヌ語のサラ=ヌプ(や葦原の野)の意訳から。開拓当初に萱やが密生していたので、1887年明治20年)頃の入植者が地区名とした[2]

駅構造編集

廃止時点で、島式ホーム(片面使用)1面1線を有する無人駅であったが、以前は島式ホーム1面2線を有した列車行き違い可能駅であった。開業当時からの駅舎が、構内の北側に位置していた。

駅周辺編集

駅跡編集

現在、旧萱野駅は、旧駅舎の内部を宿泊施設に改装し、ライダーハウスとして使用されている[3]

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
幌内線
栄町駅 - 萱野駅 - 三笠駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新三笠市史 平成5年発行、幌内線史 昭和63年発行等による。
  2. ^ 新三笠市史 平成5年1月発行、P28。
  3. ^ 旧幌内線萱野駅(萱野駅ライダーハウス) - 空知総合振興局

関連項目編集