メインメニューを開く
歌川広重「木曽街道六十九次・落合」

落合宿(おちあいじゅく)は中山道44番目の宿場(→中山道六十九次)。美濃国恵那郡落合村(現・岐阜県中津川市)に存在した。

目次

概略編集

 
国道19号沿いにあるイラスト

最寄り駅編集

史跡・みどころ編集

 
落合の石畳(岐阜県指定史跡「中山道」[1]
  • 本陣
  • 脇本陣跡
  • 本陣跡
  • 旧庄屋宅(旧肥田家)

中津川宿までの史跡・みどころ

  • 落合五郎城跡(おがらん様)
    木曾義仲の家臣で四天王のひとりと言われた落合兼行の館跡
  • 与坂立場跡
  • 子野の一里塚跡
  • 小野の地蔵堂石仏群
  • 尾州白木改番所跡

隣の宿編集

中山道
馬籠宿 - 落合宿 - 中津川宿
  • 馬籠宿までは15(約4.5km)
  • 中津川宿までは1里(約4km)

脚注編集

  1. ^ 中山道”. 岐阜県. 2013年11月18日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集