葛山氏広

戦国武将。駿河葛山氏当主。伊勢宗瑞の三男。

葛山 氏広(かつらやま うじひろ)は、戦国時代の武将。駿河葛山氏当主。伊勢宗瑞(北条早雲)の三男とする説[注釈 1]と宗瑞の次男・北条氏時の子(すなわち宗瑞の孫)とする説がある[注釈 2]。いずれにしても、後北条氏の一族とされている[4]

 
葛山 氏広
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天文7年(1538年)もしくは天文8年(1539年
別名 仮名:八郎
受領名:中務少輔[1]
諡号 竜光院殿大円登雲大居士[2][3]
主君 今川氏親氏輝義元
氏族 後北条氏葛山氏
父母 父:北条早雲
兄弟 北条氏綱北条氏時氏広、長松院殿(三浦氏員室のち高橋高種室)、北条幻庵
養子:葛山氏元
テンプレートを表示

生涯編集

駿河国東部の国人領主・葛山氏の養子となって葛山氏の家督を継いだ。宗瑞の側室に葛山氏の娘がいたといわれ、彼女が母だったため葛山氏の養子になった可能性が高いといわれている。

大永4年(1524年)正月に家臣関孫九郎に所領を与えているのが初見。葛山氏は今川氏に従属しており、氏広も駿府に屋敷を構え今川氏に出仕していた。

天文元年(1532年)4月13日には、官途名中務少輔を称している[3]。同6年(1537年)、長兄氏綱と今川義元が争った河東一乱の際には氏綱側に味方している。

同7年(1538年)9月には重病に陥っていたようで鶴岡八幡宮から祈願のために大般若経を転読してもらっている。翌8年(1539年)4月には死去が確認されるが、詳しい死亡時期は不明。また生年についても不明だが、本当に早雲の三男ならば、兄氏綱(1487年)から弟長綱(幻庵、1493年、一説に1501年)の間に生まれたことになる。

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 黒田基樹・池上裕子説
  2. ^ 有光友學説

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『為和集』
  2. ^ 『駿河志料』
  3. ^ a b 北条早雲とその一族 2007, pp. 41.
  4. ^ 有光友學「葛山氏の系譜」『戦国史料の世界』岩田書院、2009年(原論文:1986年)

参考文献編集

  • 『戦国の魁早雲と北条一族―北条五代百年の興亡の軌跡』新人物往来社、2005年、ISBN 4404033168
  • 黒田基樹『北条早雲とその一族』新人物往来社、2007年7月。ISBN 978-4-404-03458-8