葛岡博

日本の男性アニメーター、アニメ監督、映像作家

葛岡 博(くずおか ひろし、1950年 - )は、日本アニメーターアニメーション監督画家宮城県出身。

人物編集

日本美術家連盟会員(洋画部門)。京都精華大学マンガ学部アニメーション学科専任教授。

近年は主に「くずおかひろし」名義で活動。この他にも複数のペンネームを持つ。

代表作は『キテレツ大百科』(初代監督)や、『みんなのうた』のアニメーションなど。

経歴編集

幼少の頃から、日本画油彩画を学ぶ。1976年より1年間、スペインにて絵画の研究に取り組む。

帰国後はアニメーターとして、多くの作品で作画や絵コンテ等の作業に携わり、テレビアニメの監督も務めた。

また、『みんなのうた』ではアニメーションディレクターとして、10作品以上の映像を手がけた。

その傍らで、画家としても活動し、1980年1989年には個展を開いた。

現在は、アニメーション絵コンテの手伝いやプラネタリウム用イラスト、教科書等の挿絵などを手がける他、京都精華大学で後進の指導に当たっている。

作品一覧編集

監督作品編集

  • オヨネコぶーにゃん(1984年-1985年、演出名義)
  • ドリモグだァ!!(1986年-1987年)
  • キテレツ大百科[1](1987年-1996年)※1989年まで。ただし、別名義で絵コンテ担当は継続している。
  • サンタの山、妖精の森(1996年)
  • サヨナラ、みどりが池(2003年)
  • 水彩アニメーション縄文イマジナリウム(2004年)

みんなのうた編集

主な参加作品編集

その他、別名義にて多数の作品の絵コンテを担当。

著書編集

  • 実践アニメーション 中級編 作画のプロテクニックからカメラワークまで(合同出版)
  • 新・実践アニメーション 中級編(バウハウス工房)

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ キテレツ大百科 : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集