メインメニューを開く
Japanese destroyer Ashi.jpg1929年から翌年の「葦」[1]
艦歴
計画 1918年度[2]
起工 1920年11月15日[2]
進水 1921年9月3日[2]
就役 1921年10月29日[2]
その後 1927年8月24日 美保関沖で訓練中に「那珂」と衝突し大破[2]
1928年3月舞鶴工作部で修理完成[2]
1940年10月15日雑役船編入、練習船指定、航海学校附属[2]
1944年12月15日「第二泊浦」に改名[2]
1945年横須賀突撃隊の母艦に使用[2]
終戦時、東京湾第二海堡に擱座[2]
1947年解体[3]
除籍 1940年2月1日[2]
性能諸元(計画)
排水量 基準:公表値 770トン
常備:850.00トン
全長 全長:290 ft 0 in (88.39 m)
水線長:280 ft 0 in (85.34 m)
垂線間長:275 ft 0 in (83.82 m)
全幅 26 ft 0 in (7.92 m)または7.93m
吃水 8 ft 0 in (2.44 m)
深さ 16 ft 3 in (4.95 m)
推進 2軸 x 400rpm
直径 8 ft 6 in (2.59 m)、ピッチ3.378m
または直径2.565m、ピッチ3.353m
機関 主機:ブラウン・カーチス式オールギアードタービン(高低圧) 2基[4]
出力:21,500shp
ボイラー:ロ号艦本式缶(重油専焼) 3基
速力 36ノット
燃料 重油240トン
航続距離 3,000カイリ / 14ノット
乗員 計画乗員 107名[5]
竣工時定員 110名[6]
兵装 45口径三年式12cm砲 単装3門
三年式機砲 2挺
53cm連装発射管 2基4門
魚雷8本
搭載艇 内火艇1隻、18ftカッター2隻、20ft通船1隻
備考 ※トンは英トン

(あし)は、大日本帝国海軍駆逐艦で、樅型駆逐艦の15番艦である。

目次

艦歴編集

1920年大正9年)11月15日、神戸川崎造船所で起工[7]1921年(大正10年)9月3日午前7時30分進水[8]。同年10月29日竣工[9]

1927年昭和2年)の美保関事件において、軽巡洋艦那珂」と衝突事故を起こし大破。1928年(昭和3年)3月、舞鶴工作部で修理完成。1937年(昭和12年)から1938年(昭和13年)まで、日中戦争において華北沿岸の作戦に参加した[2]

1940年(昭和15年)2月1日に除籍。同年10月15日、雑役船に編入され海軍航海学校付属の練習船となる。1944年(昭和15年)12月15日、葦 (橘型駆逐艦)(のち建造中止)との区別のため、第二泊浦(だいにとまりうら)に改称。1945年(昭和20年)7月11日、横須賀突撃隊の母艦となるが、後に東京湾第二海堡に擱座。1947年(昭和22年)に解体された。

艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艤装員長
  • 西尾三郎 少佐:1921年7月20日[10] -
駆逐艦長
  • 西尾三郎 少佐:1921年10月29日[11] - 1922年12月1日[12]
  • 横山徳治郎 少佐:1922年12月1日 - 1923年11月20日
  • 後藤伝治郎 少佐:不詳 - 1924年12月1日[13]
  • 大島四郎 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
  • 森友一 大尉:1925年12月1日 - 1927年1月20日
  • 須賀彦次郎 少佐:1927年1月20日 - 1927年11月1日
  • 金桝義夫 少佐:1928年2月10日 - 1928年11月20日
  • 崎山釈夫 少佐:1928年11月20日 - 1929年11月30日
  • 伊崎俊二 少佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
  • 丸山逞 大尉:1930年12月1日[14] - 1932年10月10日[15]
  • 安武史郎 少佐:1932年10月10日 - 1934年11月1日
  • 三浦晋 大尉:1934年11月1日[16] - 1935年11月15日[17]
  • 山下鎮雄 少佐:1935年11月15日[17] - 1936年12月1日[18]
  • 緒方友兄 少佐:1936年12月1日[18] - 1938年3月26日[19]
  • 岩橋透 少佐:1938年3月26日[19] - 1938年11月10日[20]
  • 小比賀勝 大尉:1938年11月10日[20] - 1938年12月15日[21]
  • (兼)高須賀修 少佐:1938年12月15日[21] - 1939年1月20日[22]
  • 上井宏 少佐:1939年1月20日[22] - 1939年4月1日[23]
  • (兼)高須賀修 少佐:1939年4月1日[23] - 1939年6月1日[24]
  • 江原晃 少佐:1939年6月1日[24] - 1939年11月1日[25]

脚注編集

  1. ^ #日本海軍全艦艇史下巻p.543、No.1426の写真解説
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本海軍史』第7巻、302頁。
  3. ^ #日本海軍全艦艇史 資料編「主要艦艇艦歴表」12頁。
  4. ^ #帝国海軍機関史下巻pp.589-590(四八五-四八六頁)
  5. ^ #一般計画要領書p.16、士官6名、特務士官3名、下士官26名、兵72名
  6. ^ #海軍制度沿革10-1(1972)pp.601-602、『大正八年六月十日(内令一八二) 海軍定員令中左ノ通改正セラル 二三等驅逐艦定員表ヲ附表ノ通改ム | 第六十表 | 二三等驅逐艦定員表 |(詳細、備考略) |』將校、機關將校6人、特務士官准士官3人、下士26人、卒75人
  7. ^ #海軍制度沿革11-2(1972)pp.1074-1075、昭和3年2月14日附内令第34号、艦船要目公表範囲。
  8. ^ #T10公文備考24艦船1/駆逐艦蔦、葦製造一件(2)画像13『大正十年九月三日(中略)驅逐艦葦今朝七時三十分無事進水致シマシタ』
  9. ^ #T10公文備考24艦船1/駆逐艦蔦、葦製造一件(2)画像20『大正十年十月二十九日(中略)驅逐艦葦今日午前十一時無事御引渡致シマシタ』
  10. ^ 『官報』第2692号、大正10年7月21日。
  11. ^ 『官報』第2776号、大正10年11月2日。
  12. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  13. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  14. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  15. ^ 『官報』第1736号、昭和7年10月11日。
  16. ^ 『官報』第2353号、昭和9年11月2日。
  17. ^ a b 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  18. ^ a b 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。
  19. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第156号 昭和13年3月26日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073600 
  20. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第259号 昭和13年11月10日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  21. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 昭和13年12月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  22. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第289号 昭和14年1月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075300 
  23. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第321号 昭和14年4月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075600 
  24. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第342号 昭和14年6月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075900 
  25. ^ 海軍辞令公報(部内限)第397号 昭和14年11月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076600 

参考文献編集

  • 『海軍制度沿革 巻十の1』明治百年史叢書 第182巻、海軍省/編、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十一の2』明治百年史叢書 第185巻、海軍省/編、原書房、1972年5月(原著1941年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊銘銘伝』光人社、1993年。
    • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 『日本駆逐艦史』世界の艦船 1992年7月号増刊 第453集(増刊第34集)、海人社、1992年。ISBN 4-905551-41-2
  • 日本舶用機関史編集委員会/編『帝国海軍機関史』明治百年史叢書 第245巻、原書房、1975年11月。
  • 福井静夫『写真 日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 「二等駆逐艦及水雷艇 一般計画要領書 附現状調査」。

関連項目編集