メインメニューを開く
須賀彦次郎

須賀 彦次郎(すが ひこじろう、1889年明治22年)3月4日 - 1941年昭和16年)2月5日)は、大日本帝国海軍軍人。最終階級は海軍中将三重県松阪市出身。

略歴編集

旧制三重県立松阪中学校より海軍兵学校第38期入校。入校時成績順位は150名中4番、卒業時成績順位は149名中54番。津田静枝佐藤脩に続き、日本海軍が養成した中国関係の専門家である。 尉官時代は水雷屋で「」駆逐艦長在職中は美保関事件に遭遇。部下28名が殉職した。

河川砲艦「堅田艦長着任後は殆ど中国関係の勤務に限定された。情報活動に携わったが、中国人協力者の信頼が厚く、国民党政権が重慶に移ってからも、須賀のもとには重慶からの情報が絶えずもたらされていた[1]。須賀は情報活動のため私財を提供していたが、協力者の一族の世話までしていたため、その額は莫大であったという[2]汪兆銘政権樹立工作を担った梅機関の海軍代表である。

大角岑生海軍大将に随行して広東方面に出張中、搭乗機が墜落炎上して死亡する。公務殉職と認定され海軍中将に特別昇進した。

人物像編集

須賀の実家は老舗問屋で、中国人との交際費では困らなかった。また、飲酒の席での奇行は有名で、本来であれば進退問題になりかねない程のものであったが、須賀の、中国に関する知識・見識・人脈は他の者に替えることが難しく、要路の者に限らず、その人品を慕う中国人は多く、その死後、中国人有志により南京に須賀の碑が建立された程であった[2]

年譜編集

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『一海軍士官の回想』pp.119-120
  2. ^ a b 『一海軍士官の回想』p.120
  3. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  4. ^ 『官報』第4228号「叙任及辞令」1941年2月12日。

参考文献編集

関連項目編集