メインメニューを開く

蓑輪 雅夫(みのわ まさお、1943年2月16日[1] - 没年不明[1])は、日本映画監督

鹿児島県出身[1]日本大学藝術学部卒業[1]

目次

来歴編集

フリーの助監督として務め、1973年に『流星人間ゾーン』で監督デビューを果たす[1]。しかしその後監督として登板する機会にはほぼ恵まれず、東映に移り『刑事くん』、『Gメン'75』、『特捜最前線』などの一般ドラマや『スパイダーマン』、『科学戦隊ダイナマン』などのキャラクターものの東映テレビプロ制作の作品で助監督を務める生活が長く続く。

1987年チーフ助監督を務めていた『大都会25時』で監督を再度担当したのを皮切りに、同年より始まった『仮面ライダーBLACK』で助監督&監督。このときに初めて監督ローテーションに定着したが、蓑輪はこのとき45歳であったためかなりの遅咲きといえる。翌年のRXではメイン監督を担当するが、これは旧知の堀長文プロデューサーの意向があったとされる。その後スーパー戦隊シリーズメタルヒーローシリーズなどで監督として頭角を現すことになるが、1996年制作の『超光戦士シャンゼリオン』31話を最後に監督作品はない。これに関して、東映側がスタッフの刷新や若返りを図ったためのリストラ政策の一環ともいわれている。

『シャンゼリオン』終了後東映が制作協力した『新幹線'97恋物語』の現場に参加しているが、これは助監督としての参加である。

日本映画監督協会の公式ホームページにおける会員情報では、物故会員とされている[1]

作品(監督)編集

テレビドラマ編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 日本映画監督協会 - Directors Guild of Japan”. 日本映画監督協会. 2018年11月7日閲覧。