メインメニューを開く

蕭 継先(しょう けいせん、生没年不詳)は、契丹)の軍人政治家は楊隠。小字は留只哥。蕭継遠、または蕭寧遠とも書かれる。

経歴編集

叔父の蕭思温に子がなかったため、睿智蕭皇后(思温の娘、継先の従姉妹)の命を受けてその後を嗣いだ。乾亨初年、斉国公主(耶律観音女、景宗の長女)を妻に迎えて、駙馬都尉に任じられた。

統和4年(986年)11月、軍の侵攻を受けると、継先は騎兵を率いて迎え撃ち、多くの捕虜をえた。聖宗の賞賛を受けて、北府宰相に任じられた。6年(988年)12月、安平を視察した。7年(989年)2月、同政事門下平章事となった。17年(999年)10月、狼山の石塁を落とし、瀛州で宋軍と戦って康昭裔・宋順らを捕らえた。楽寿県を落とすと、遂城の河岸で騎兵による突撃を敢行し、宋軍を撃破した。20年(1002年)3月、また南伐をおこなった。22年(1004年)11月、聖宗が南征して通利軍を落とすと、継先も従軍して捷力と称された。28年(1010年)、聖宗が高麗に親征すると、継先は老年のため上京留守をつとめた。

死去したときの享年は58。

伝記資料編集