薬研/上にある車輪状の道具が「薬研車(藥碾子)」、下にある舟形の容器が「薬研(硏槽)」。合わせて日本語では「薬研」という。千早赤阪村立郷土資料館所蔵。

薬研(やげん、旧字体:藥硏)とは、薬材(生薬など)などを碾(ひ)いて[注 1]粉末化したり、磨り潰してを作ったりするための、世界に偏在する伝統的器具である[2][3][4][5][6][7][8][9][10][11](その日本語名を代表する一つ)。舟形の溝を彫った(字義は石臼[11]の「薬研(やげん)[12][注 2]と、の付いた車輪状の碾き具「薬研車(やげんぐるま)[10][12]」からなる[11]

日本語では薬卸/薬卸し(くすりおろし、旧字体:藥卸)ともいう[13][4][6][7][8]ほか、三省堂大辞林』第3版は「きさげ」を異名として挙げている[注 3]中国語では藥碾簡体字药碾拼音yàoniàn日本語音写例:ィアォニィェン〉)といい、碾き具のほうを藥碾子簡体字药碾子)、碾のほうを硏槽簡体字研槽)という。朝鮮語では藥碾약연日本語音写例:ヤクヨン)という[15]。また、中華圏(中国語圏)における「藥碾」を日本語では「薬碾旧字体:藥碾。読み:やくてん)」という[3][12]英語名は、イギリス英語で "chemist's mortar[2][16]日本語音写例:ケミスツ モーター)"、アメリカ英語で "druggist's mortar[2][16]日本語音写例:ドラギスツ モーター)"。

材質は中に入れる材の種類と成分に対応して異なり、青銅真鍮青磁白磁陶器鋳鉄ガラスなど、多種多様である[11]。かつては石製のものが多かったが、21世紀においては金属製が多い。

概要編集

中央に窪みのある舟形の器具(中国語名:硏槽、日本語名:薬研)と、中央に握り手の部分となる軸を通した円盤状の車輪(中国語名:藥碾子、日本語名:薬研車)[注 4]を組み合わせた道具である。薬材や顔料鉱物[2]など粉砕したり[9]磨り潰したりしたい物を、薬研(硏槽)の窪んだ箇所に入れ、薬研車(藥碾子)の把手を両手で握って体重をかけながら前後に往復させることにより、押し砕く[9]、もしくは磨り潰し、粉末化したり[9]、汁を抽出できる状態にする。

古くから顔料の製造にも使われてきた[2]唐辛子の調製などにも利用された[8]。また、花火用の硝石(焔硝)を作るのにも用いられた[12][9][10]

薬研堀編集

日本では、小舟部分の断面はV字形となっている[17]ところから、城の防御施設において断面U字形の空堀を「箱堀(はこぼり)[18]」などというのに対し、断面がV字形の堀を「薬研堀(やげんぼり)」と称した[17]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 碾く(ひく):(うす)で粉々にする[1]
  2. ^ 日本語名は、全体の名前と舟形の器具の名前が同じで区別がつかないため、本項では、明確に区別されている中国語名を添えて「薬研(硏槽)」と表記することとする。碾き具のほうもこれに合わせて「薬研車(藥碾子)」と表記する。以下同様。
  3. ^ 同書が「薬研」の項で挙げているのみで、ほかには確認できない[14]
  4. ^ 形状はアブローラーと似通っている。

出典編集

  1. ^ 三省堂大辞林』第3版. “挽く・碾く”. コトバンク. 2019年12月11日閲覧。 “臼でひく場合は「碾く」とも書く”
  2. ^ a b c d e ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “薬研”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  3. ^ a b 小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “薬研”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  4. ^ a b 平凡社世界大百科事典』第2版. “薬研”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  5. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “薬研”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  6. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “薬研”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  7. ^ a b 三省堂大辞林』第3版. “薬研”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  8. ^ a b c 薬研”. 公式ウェブサイト. 横須賀市教育研究所. 2019年12月10日閲覧。
  9. ^ a b c d e 薬研”. 公式ウェブサイト. 関ケ原町歴史民俗資料館. 2019年12月10日閲覧。
  10. ^ a b c 岩井 2008, p. 333.
  11. ^ a b c d 白磁薬碾 - 収蔵品データベース”. 公式ウェブサイト. 韓国国立中央博物館. 2019年12月10日閲覧。
  12. ^ a b c d 薬研 - 岡崎むかし館 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 岡崎市. 2019年12月11日閲覧。
  13. ^ 三省堂『大辞林』第3版. “薬卸し・薬卸”. コトバンク. 2019年12月10日閲覧。
  14. ^ きさげ”. コトバンク. 2019年12月11日閲覧。
  15. ^ 약연(藥碾)”. 한국민족문화대백과사전(韓国民族文化大百科事典. 한국학중앙연구원(韓国精神文化研究院) (1995年). 2019年12月10日閲覧。
  16. ^ a b 薬研”. goo辞書. NTTレゾナント. 2019年12月10日閲覧。
  17. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』、ほか. “薬研堀”. コトバンク. 2019年12月11日閲覧。
  18. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “箱堀”. コトバンク. 2019年12月11日閲覧。

参考文献編集

  • 『絵引 民具の事典』岩井宏實(監修)、工藤員功(編集)、中林啓治(作画)、河出書房新社、2008年9月25日。ISBN 4-309-22487-3OCLC 259744649ISBN 978-4-309-22487-9

関連項目編集