メインメニューを開く

薮野祐三

薮野 祐三(やぶの ゆうぞう、別表記:藪野 祐三1946年6月 - )は、日本政治学者九州大学名誉教授。専攻は現代政治分析[1]、国際関係論[2]

薮野 祐三
(やぶの ゆうぞう)
人物情報
生誕 日本の旗 日本 大阪府大阪市
出身校 大阪市立大学
学問
研究分野 現代政治分析
国際関係論
研究機関 九州大学
学位 法学博士
テンプレートを表示

目次

経歴編集

大阪府大阪市生まれ。

1965年、大阪府立天王寺高等学校卒業。

1969年大阪市立大学法学部卒業。

1969年、大阪市立大学法学部助手。

1974年、北九州大学(現:北九州市立大学)法学部講師、同助教授、同教授。

1992年、九州大学法学部教授。

2000年、九州大学大学院法学研究院教授。

2010年、同大学、退職。

2010年 九州大学誉教授

【学位】

1988年 法学博士(大阪市立大学)

【海外留学】

1983年 カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。

1987年 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス,客員研究員。

1988~89年 シンガポール国立大学客員教授。

1990年 ウェールズ大学カーディフ校客員研究員。

1990~91年 オールド・ドミニオン大学(バージニア州)客員研究員。

1993年、 シェフィールド大学(イギリス)客員研究員。

【国際化教育・活動】

2000年、九州大学大学院法学研究院、修士課程に英語コース、アジア比較政治行政コース(Comparative Studies of Politics and Administration in Asia)を開設。

2000年、九州大学法学部・同法学研究院修士課程とオーストラリア、モナッシュ大学、法学部人文学部との間に交換留学生制度を立ち上げる。

2006年世界政治学会、福岡大会、実行委員長。

【社会活動】

2014年4月、特定非営利活動法人国境地域研究センター、理事長(センター長)就任(現在に至る)。

2017年12月 学校法人「せとうち」、理事、就任(現在至る)。

【受賞】2017年度、「日本地域政治学会・日本地方自治学会賞」

著書編集

単著編集

  • 『現代政治学の位相――行動論以後と政治社会学』(九州大学出版会、1981年)
  • 『現代政治学の方法――D・イーストンの「政治の世界」』(法律文化社、1981年)
  • 『近代化論の方法――現代政治学と歴史認識』(未來社、1984年)
  • 『先進社会のイデオロギー (1)ソシオ・ポリティクスの冒険』(法律文化社、1986年)
  • 『先進社会=日本の政治 (1)ソシオ・ポリティクスの地平』(法律文化社、1987年)
  • 『先進社会=日本の政治 (2)「構造崩壊」の時代』(法律文化社、1990年/増補版、2006年)
  • 『先進社会=日本の政治 (3)21世紀への統治能力』(法律文化社、1993年)
  • 『日本政治の未来構想――いま何をなすべきか』(PHP研究所、1994年)
  • 『ローカル・イニシアティブ――国境を超える試み』(中央公論社[中公新書]、1995年)
  • 『先進社会の国際環境 (1)ローカル・イニシアティブの創造』(法律文化社、1995年)
  • 『先進社会の国際環境 (2)21世紀システムの中の国家』(法律文化社、1998年)
  • 『先進社会のイデオロギー (2)システムとアクターの相克』(法律文化社、2001年)
  • 『ローカル・デモクラシー (1)分権という政治的仕掛け』(法律文化社、2005年)
  • 『ローカル・デモクラシー (2)公共という政治的仕組み』(法律文化社、2005年)
  • 『失われた政治 政局、政策、そして市民』(法律文化社、2009年)
  • 『社会力の市民的創造 地域再生の政治社会学』(法律文化社、2010年)

編著編集

  • 『アジア太平洋時代の分権』(九州大学出版会、2002年)

共編著編集

共著編集

  • 『抵抗と統合の政治学』(有斐閣、1985年)
  • 『現代政治学の理論 (下)』(早稲田大学出版部、1985年)
  • 『危機の政治学』(昭和堂 1986年)
  • 『冷戦期の国際政治』(慶應通信、1987年)
  • 『政策決定の理論』(東海大学出版会、1990年)
  • 『比較政治学の理論』(東海大学出版会、1990年)
  • 『岩波講座社会科学の方法』第11巻『グローバル・ネットワーク』(岩波書店、1994年)
  • 『講座 世紀間の世界政治』第6巻『日本の国際化』(日本評論社、1994年)
  • 『政治理論と公共政策』(新評論、1998年)
  • 『代議士とカネー全国政治資金調査』(朝日新聞社、1999年)
  • 『公共哲学』第10巻『21世紀公共哲学の地平』(東京大学出版会、2002年)
  • 『公共政策学』(ミネルヴァ書房、2003年)
  • 『世界政府の展望』(早稲田大学出版部、2003年)
  • 『国際公共政策への招待』(日本経済新聞社、2003年)

訳書編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 藪野祐三 『失われた政治 政局、政策、そして市民』著者略歴
  2. ^ WEB第三文明:覇権の時代を平和のネゴシエーターとして生き残る

外部リンク編集