メインメニューを開く

藤の森古墳(ふじのもりこふん)は、大阪府 藤井寺市野中1丁目に所在した古墳時代中期の円墳1965年(昭和40年)に大阪府水道部美陵ポンプ場建設により墳丘が破壊されることになり、発掘調査が実施され、近畿地方では最古の時期に属する横穴式石室の構造が明らかにされている。世界文化遺産古市古墳群に属する古墳である。

藤の森古墳
所在地 大阪府藤井寺市野中1丁目
形状 円墳
規模 径24m 
埋葬施設 横穴式石室 木棺
出土品 ガラス製勾玉 金銅製三輪玉 鉄鏃
築造時期 5世紀後半
特記事項 墳丘ほぼ消滅
テンプレートを表示

概要編集

誉田御廟山古墳の西に位置しており、標高25メートルの平地に築かれており、墳丘の径24メートル、高さは3.2メートルである。周囲には幅2.5-4メートル、深さ0.5メートルの周濠が廻る。墳丘裾部には円筒埴輪を樹立しており、他に盾形埴輪や家形埴輪も出土している。墳丘の表面には拳大の河原石を葺石として使用していた。

内部構造編集

内部主体は墳丘中央やや南よりに、南に開口した古式の横穴式石室である。石室は板石積の片袖式で、玄室幅約1.5メートル、長さ約3.5メートル、羨道部幅約0.8 - 0.9メートル、長さ1メートルの規模を有する。側壁に控え積はなく、持ち送りをする。石室内部には、基底部から高さ0.1メートルまで黒色土を充填し、その上面にバラスを敷き床面を形成していた。玄室や羨道の床面以上の壁面の大部分に赤色顔料の痕跡が残されており注意を引く。羨道の閉塞は一段目に板石を置き、その上に5 - 6段小口積みし、閉塞石外面には更に土盛りをしている状態であった。

出土遺物編集

石室は盗掘を受け、かなり破壊されていたが、埋葬の痕跡は比較的良くとどめていた。棺には木棺を使用しており、棺材は腐食していたが、鉄釘が遺存しており、北に頭位を向け石室西壁寄りに南北に安置されていたようである。ガラス製勾玉・丸玉が北半分と中央部に密集して存在し、朱もこの位置に多く見られることが頭位の推定根拠となっている。また奥壁付近には一群の鉄鏃があり、原位置を保つようである。中央部や南半部にも鉄鏃が散見されるが原位置を保つものはない。鉄刀の飾金具である金銅製三輪玉も出土しているが刀身は既に失われている。轡や革綴短甲も石室外から出土しており築造時期を考える材料となりえる。

築造時期編集

円筒埴輪については実測図が公表されていないが川西編年Ⅳ期とされており、断定はできないが築造時期は5世紀後半前後ではないかと推定される。横穴式石室を主体部とする古墳としては近畿地方において最古の部類に属することになる。

  • なお、ポンプ場の建設により墳丘は破壊されたが横穴式石室はポンプ場内の別の場所に移築され、保存されている。

参考文献編集

  • 「藤の森古墳」『藤井寺市史第三巻 資料編一』 藤井寺市史編さん委員会 代表 秋山日出雄 1986年 399頁-400頁

関連項目編集