メインメニューを開く

藤原宗忠

日本の平安時代の貴族、歌人

藤原 宗忠(ふじわら の むねただ)は、平安時代後期の公卿藤原北家中御門流権大納言藤原宗俊の長男。従一位右大臣。別名、中御門宗忠

 
藤原宗忠
Fujiwara no Munetada.jpg
藤原宗忠 (『天子摂関御影』)
時代 平安時代後期
生誕 康平5年(1062年
死没 永治元年4月20日1141年5月27日
別名 中御門宗忠
官位 従一位右大臣
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 藤原北家中御門流
父母 父:藤原宗俊藤原実綱の娘
藤原行房の娘
宗能宗成宗重覚晴藤原宗輔室、徳大寺実能室、源憲俊室、源顕国
テンプレートを表示

日記『中右記』を残した。名称の由来は御門大臣の日から。 音楽の才があり、管弦やをよくした。また催馬楽にも秀でた。音律に関する著書『韻花集』『白律韻』があったとされるが現存しない。和歌は『続古今和歌集』『玉葉和歌集』に入集。

目次

史的立場編集

摂関政治から院政への過渡期の公卿として、その時代の動きや自身の身辺での出来事、また、重要な人物との接触や、その活動についての自身の意見や評価を日記として残し、その時代をつかむ上で重要な史料を後世に提供した重要人物である。

源義家の活動やその評価などは当時の人々の感想として貴重。特に、摂関家の内紛や院政に対する批判や批評を行い、源氏の内紛、平家の台頭に関しても貴重な史料を残している人物で、その日記、『中右記』は平安時代後期の趨勢を知る上で貴重な史料。

官歴等編集

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 以下、『公卿補任
先代:
藤原宗俊
松木家
第2代
次代:
藤原宗能