藤原宗成
時代 平安時代初期
生誕 延暦4年(785年
死没 天安2年5月27日858年7月11日
官位 従五位上
主君 平城天皇嵯峨天皇淳和天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原三起、母:犬養伯の娘
テンプレートを表示

藤原 宗成(ふじわら の むねなり)は、平安時代初期の貴族藤原北家左大臣藤原永手の曾孫。参議藤原家依の孫。従五位下・藤原三起の長男。官位従五位上[1]

経歴編集

大同2年(807年)に平城天皇の弟である中務卿大宰帥伊予親王に対して密かに謀反を勧めたとして、捕縛されて左近衛府に収監される[2]。宗成は左衛士府で尋問を受けると、謀反の首謀者は伊予親王であると答えた[3]。これを受けて、平城天皇は左近衛中将・安倍兄雄左兵衛督巨勢野足等に兵150名に率いらせて藤原吉子・伊予親王母子を捕らえて川原寺に幽閉する[4]。母子は飲食を断たれ、間もなく毒を仰いで自殺した[5]。また、宗成自身も流刑に処せられた(伊予親王の変)。宗成は藤原式家藤原仲成に唆されたともいうが、定かではない。

その後、流刑から赦されたらしく、天長6年(829年正六位上から従五位下叙爵、天長9年(832年)従五位上に叙される等、淳和朝で僅かに昇進している。承和7年(840年)淳和上皇の崩御に際して、御前次第司次官に任ぜられた。

文徳朝末の天安2年(858年)5月27日卒去享年74。最終官位散位従五位上。伊予親王の変以降、世間から見捨てられたような状態となり、貧困のうちに没したという[6]

人物編集

才学がなく、不正な意図を持って媚びへつらうようなところがあった。また、後に右大臣にまで昇った清原夏野と幼少の頃に親しい友人であったという[6]

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本後紀』に官職に任ぜられた記録がなく散位か。
  2. ^ 『日本後紀』大同2年10月28日条
  3. ^ 『日本後紀』大同2年10月30日条
  4. ^ 『日本後紀』大同2年11月2日条
  5. ^ 『日本後紀』大同2年11月12日条
  6. ^ a b 日本文徳天皇実録』天安2年5月27日条

出典編集