藤原秀夫

日本の経済学者

藤原 秀夫(ふじわら ひでお、1948年7月23日[1] - )は、日本の経済学者同志社大学教授。第12代日本金融学会会長。専門はマクロ経済学

略歴編集

兵庫県神戸市生まれ。1971年神戸商科大学卒、1974年神戸大学大学院経済学研究科博士課程中退、1989年「マクロ経済分析における貨幣と証券 整合的なマクロ経済モデルの構築」で経済学博士則武保夫に師事。同志社大学商学部助手、講師、助教授をへて、教授[2]

著書編集

  • 『マクロ経済分析における貨幣と証券 整合的なマクロ経済モデルの構築』千倉書房 1988
  • 『マクロ金融政策の理論 金融政策の有効性と限界』晃洋書房 1995
  • 『為替レートと対外不均衡の経済学』東洋経済新報社 1999
  • 『マクロ貨幣経済の基礎理論』東洋経済新報社 2008
  • 『マクロ金融経済の基礎理論』晃洋書房 2013
  • 『マクロ金融経済と信用・貨幣の創造 均衡モデルと不均衡調整モデル』東洋経済新報社 2015

共編著編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 同志社大学 研究者データベース
  2. ^ 『マクロ金融経済と信用・貨幣の創造』著者紹介

外部リンク編集


先代:
筒井義郎
日本金融学会会長
第12代:2010年 - 2014年
次代:
小川英治