藤原諸葛

平安時代初期から前期の公卿。藤原南家巨勢麻呂流。藤原有統の長男。従三位・中納言。子に藤原善行(蔵人。従五位下。内蔵大允)、藤原玄致(伊勢掾)
 
藤原諸葛
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 天長3年(826年
死没 寛平7年6月20日895年7月16日
官位 従三位中納言
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂流
父母 父:藤原有統、母:橘数子(橘永継の娘)
兄弟 諸葛諸藤
百済王勝義の娘、御長湊人の娘
玄上、末業、善行、玄致、清和天皇更衣
テンプレートを表示

藤原 諸葛(ふじわら の もろくず/もろかず)は、平安時代初期から前期にかけての公卿藤原南家巨勢麻呂流、右大臣藤原三守の孫。侍従・藤原有統の長男。官位従三位中納言

経歴編集

仁明朝では但馬介蔵人を歴任。文徳朝では仁寿3年(853年従五位下叙爵し、斉衡2年(855年加賀権介に任ぜられる。

清和朝では中務少輔少納言兵部大輔を歴任する間、貞観2年(860年)従五位上、貞観8年(866年正五位下、貞観13年(871年従四位下と昇進する。その後、貞観17年(875年蔵人頭、貞観18年(876年)従四位上・左近衛権中将に叙任されるなど、清和朝末から陽成朝にかけて要職を務め、元慶3年(879年参議に任ぜられ公卿に列す。議政官の傍らで、左近衛権中将・右衛門督と武官を兼帯し、元慶7年(883年正四位下に昇叙されている。元慶8年(884年)陽成天皇の退位に伴う皇嗣の評議の席では、時康親王(のち光孝天皇)の擁立を図る関白藤原基経に同調して、に手をかけて恫喝に及び異論を押さえ込んだ。

宇多朝寛平3年(891年)上位者2名(源直藤原有実)を超えて従三位中納言に昇任される。寛平7年(895年)正月に上表して致仕し、同年6月20日薨去享年70。最終官位は致仕中納言従三位。

人物編集

の名手であり、元慶8年(884年)10月に紫宸殿で宴が開かれた際、光孝天皇の勅により兄弟の藤原諸藤と共に琴歌の演奏を行っている。

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『公卿補任』
  2. ^ 『近衛府補任』

参考文献編集