メインメニューを開く

藤原 頼遠(ふじわら の よりとお)は、平安時代中期の武将藤原北家秀郷流と称した。藤原千晴の孫。

 
藤原頼遠
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
氏族 奥州藤原氏
父母 父:藤原正頼、養父:藤原千清
兄弟 有遠(太郎大夫)、頼遠
平国妙姉妹
経清、連国[注釈 1]

経歴編集

尊卑分脈』によると、頼遠は「下総住人・五郎太大夫」とある。その後、陸奥国に下向するがその理由は不明である。なお、頼遠が住んでいた下総を含む房総を中心に起こった、長元元年(1028年)からの平忠常の乱に関連した可能性も考えられる。

続群書類従』坂上系図によると、陸奥権少掾坂上頼遠は藤原秀郷の孫・藤原千清の養子になったという[1]

なお、奥州藤原氏の祖で前九年の役に参戦した藤原経清は子に当たる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 官位は出羽輔介(『尊卑分脈』)。

出典編集

  1. ^ 野口実 2000, p. 209.

参考文献編集

  • 野口実『千葉氏の研究』名著出版〈関東武士研究叢書〉、2000年5月。ISBN 9784626015761

関連項目編集

関連作品編集