メインメニューを開く

藤原顕綱

日本の平安時代の公家、歌人
 
藤原顕綱
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 長元2年(1029年
死没 康和5年6月27日1103年8月1日[1]
別名 讃岐入道
官位 正四位下丹波守讃岐守但馬守
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家道綱流
父母 父:藤原兼経、母:明子藤原順時の娘)
兄弟 基家顕綱敦家時経、行源
藤原隆経の娘、平親子(平経国の娘)
兼子家通有佐道経長子
テンプレートを表示

藤原 顕綱(ふじわら の あきつな)は、平安時代中期から後期にかけての貴族歌人藤原北家道綱流、参議藤原兼経の三男。官位正四位下丹波守讃岐守但馬守

経歴編集

歌人として知られ、承暦2年(1078年)の内裏歌合などに出詠。家集として『讃岐入道集』(『顕綱朝臣集』)があり、『後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に25首が入選している。また古典にも造詣が深く、『万葉集』の書写などを通じてその伝承に貢献した。

母が禎子内親王の乳母であった関係から後三条天皇に近く、次男・有佐は実は後三条天皇の落胤であったと伝えられている。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』の記述による。ただし、翌長治元年(1104年)の藤原俊忠の歌合への出席からこの没年については疑問もあり、嘉承2年(1107年)頃没という説もある。
  2. ^ 今鏡』137段による。