メインメニューを開く

藤原 鷹取(ふじわら の たかとり)は、奈良時代貴族藤原北家左大臣藤原魚名の子。官位正四位下左京大夫

 
藤原鷹取
時代 奈良時代後期
生誕 不詳
死没 延暦3年5月10日784年6月2日
官位 正四位下左京大夫
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原魚名、母:藤原宇合の娘
兄弟 鷹取鷲取末茂藤成真鷲藤原小黒麻呂室、藤原長道
不詳
真雄星雄
テンプレートを表示

経歴編集

光仁朝初頭の宝亀2年(771年従五位下に昇叙し、翌宝亀3年(772年中務少輔に任ぜられる。左京亮を経て、宝亀6年(775年遣唐副使に任ぜられる。しかし、大使の佐伯今毛人が病と称し渡海せず、鷹取は大伴益立と共に副使を更迭されてしまい、結局宝亀8年(777年)に小野石根が持節副使として渡唐した。なお、宝亀9年(778年)にはこの遣唐使の帰国に伴い来日した唐使の慰問を行っている[1]

宝亀8年(777年)に右大臣藤原良継薨去し、大納言である父・魚名朝廷の中心的存在となる。鷹取は魚名の威光を背景に、宝亀9年(778年)従五位上、宝亀10年(779年正五位上、宝亀11年(780年従四位下と光仁朝末にかけて急速に昇進すると共に、左少弁・左中弁と弁官を歴任した。

天応元年(781年)4月に桓武天皇即位に伴い従四位上、11月には正四位下と桓武朝でも昇進を続け、造宮卿・左京大夫・左兵衛督侍従中宮大夫などを務める。しかし、天応2年(782年)父・魚名が左大臣を罷免されると兄弟と共に連座し、鷹取は石見介左遷される。翌延暦2年(783年)7月に魚名が薨ずる直前に入京を許され、延暦3年(784年)4月に再び左京大夫に任ぜられるが、同年5月10日卒去。最終官位は左京大夫正四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』宝亀9年11月19日条
  2. ^ 『日本後紀』弘仁2年7月8日条

出典編集