メインメニューを開く

藤川三之祐

日活京都撮影所の時代劇俳優

藤川 三之祐(ふじかわ さんのすけ[1]1889年3月22日 - 1943年4月20日[2])は、日本の俳優である[1][3][4]

ふじかわ さんのすけ
藤川 三之祐
本名
生年月日 (1889-03-22) 1889年3月22日
没年月日 (1943-04-20) 1943年4月20日(54歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)
職業 俳優
ジャンル 舞台劇映画時代劇映画剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1933年 - 1943年
主な作品
佐渡情話
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1889年明治22年)3月22日東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)に生まれる[1]。1912年 - 1922年の間に、浅草近くの日活向島撮影所新派俳優「藤川 三之」(本名・平田三彌)が活躍していたが、この人物は日活を退社しており、まったくの別人である[1]

映画界に入る前は、舞台で活動をしていたといい、芹川政一東京シネマ商会等の東京の映画商社で、宣伝映画に出演していたこともあるという[1]

1933年(昭和8年)の終わり、日活太秦撮影所に入社、伊藤大輔監督の正月映画『女人曼陀羅 第一篇』、同じく正月第2弾『女人曼陀羅 第二篇』に車善七役で出演して、満44歳で映画界にデビューした[1][3]

1942年(昭和17年)1月27日、戦時統合によって大映が設立され、日活京都撮影所は大映京都撮影所となり、藤川は同社演技部に継続入社する[1][2][3]第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)5月13日に公開された、伊藤大輔監督の『二刀流開眼』が記録に残る最後の出演作品である[1][3]。以後の消息は不明[1][3]とされていたが、『映画旬報』1943年(昭和18年)5月11日号にて、去る4月20日午後8時に数え年60歳[5]で死去したと報じられている[2]。告別式は同年4月22日午前9時に、京都府京都市右京区太秦多藪町の自宅で執行された[2]

フィルモグラフィ編集

すべてクレジットは「出演」である[3][4]。役名のわかるものは公開日の右側に記し[3][4]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[6]。同センター等に所蔵されていないものは、ほぼ現存しないフィルムである。

日活京都撮影所編集

 
左から3番目が藤川(当時満48歳)。左から小松みどり大倉千代子、藤川の右が志村喬原駒子…。『血煙高田の馬場』(監督マキノ正博、1937年)のスチル写真

特筆以外すべて製作は「日活京都撮影所」あるいは「日活太秦撮影所」、配給は「日活」である[3]

日活太秦撮影所
日活京都撮影所

大映京都撮影所編集

特筆以外すべて製作は「大映京都撮影所」、配給は「映画配給社」である[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i キネマ旬報社[1979]、p.502-503.
  2. ^ a b c d 『映画旬報』昭和18年5月11日号、映画出版社、5頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 藤川三之助日本映画データベース、2012年11月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf 藤川三之祐日活データベース、2012年11月22日閲覧。
  5. ^ 『映画旬報』昭和18年5月11日号、映画出版社、5頁。数え年60歳は日活向島撮影所にいた藤川三之助の誤植の可能性もあり、正確には数え年55歳である。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 藤川三之祐東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月22日閲覧。
  7. ^ さむらひ鴉、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月22日閲覧。
  8. ^ 江戸の悪太郎、日活データベース、2012年11月22日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集