藤本勲

日本のキックボクサー

藤本 勲(ふじもと いさお、1942年1月24日 - 2020年5月5日[1])は、日本キックボクサー。本名は姓は同じで名が洋司(ようじ)。

人物編集

山口県長門市出身。剛柔流空手二段。51戦40勝32KO11敗(生涯戦績)。現役時代は膝蹴りを得意とし、”ヒザ蹴りジャックナイフ”の異名をとった[1]

1968年、東映映画『ごろつき』に出演。キックボクシングのスパーリングで主演の高倉健をノックアウトするチャンピオンの役であった。他に東洋ミドル級チャンプの沢村忠、東洋ライト級チャンプの西川純、全日本ヘビー級1位の斉藤天心が出演していた。

現役引退後は目黒ジムの会長代行を行い、99年に会長職。名称を目黒藤本ジムと改名した。藤本体制化では、小野寺力石井宏樹勝次緑川創HIROYUKIなどを育て上げ、名伯楽として知られた[1]

2018年末頃から間質性肺炎を患い、入退院を繰り返していたが、2019年12月8日、新日本キックボクシング興行にて引退を宣言。同時に会長職も辞した。翌年1月30日には目黒藤本ジムも閉鎖した[1]

2020年5月5日に78歳で死去。[1]

来歴編集

獲得タイトル編集

脚注編集

関連項目編集