メインメニューを開く

藤村 博之(ふじむら ひろゆき、1956年11月29日 - )は、日本の経営学者経済学博士京都大学1995年)。人的資源管理論、労使関係論専攻。広島県出身。

目次

経歴編集

著書編集

単著編集

  • 『海外進出企業の労使紛争における日本の産別労働組織の役割』(滋賀大学、1990年)
  • 『ユーゴ労働者自主管理の挑戦と崩壊』(滋賀大学、1994年)
  • 『企業にとって中高年は不要か:日本型雇用システムの再評価』(生産性出版、1997年)
  • 『日本企業の人事管理改革』(滋賀大学、1997年)

共編著編集

  • (小池和男 編著)『現代の人材形成:能力開発をさぐる』(ミネルヴァ書房、1986年)
  • (現代総合研究集団 監修; 佐藤博樹、藤村博之 編著)『エクセレント・ユニオン : 1150組合の活性化提言』(第一書林、1991年)
  • (佐藤博樹、藤村博之、八代充史 著)『新しい人事労務管理』(有斐閣、1999年/第5版、2015年)
  • (佐藤博樹、藤村博之、八代充史 著)『マテリアル人事労務管理』(有斐閣、2000年/新版、2006年)
  • (藤村博之、洞口治夫 編著)『現代経営学入門 : 21世紀の企業経営』(ミネルヴァ書房、2001年)
  • (藤村博之 監修; 社会経済生産性本部生産性労働情報センター 編)『事例にみる雇用延長と処遇制度 : 60歳代継続雇用の仕組みと実際』(社会経済生産性本部生産性労働情報センター、2001年)
  • (樋口美雄、財務省財務総合政策研究所 編著)『団塊世代の退職と日本経済』(日本評論社、2004年)
  • (岩村正彦、藤村博之 著)『65歳継続雇用時代にどう備えるか? :改正高齢法で求められる労使の新たなルールづくり』(労働政策研究・研修機構、2005年)
  • (久本憲夫 編著)『労使コミュニケーション』(ミネルヴァ書房、2009年)
  • (竹内宏、末廣昭、藤村博之 編)『人材獲得競争 : 世界の頭脳をどう生かすか!』(学生社、2010年)
  • (猪木武徳 編)『〈働く〉は、これから: 成熟社会の労働を考える』(岩波書店、2014年)
  • (経団連出版 編)『人事の潮流 = New Human Resource Trends : 人と組織の未来像』(経団連出版、2015年)

翻訳書編集

  • (イヴォ・サナーデル、アンテ・スタマッチ 編; 藤村博之 訳)『この苦難のときに: クロアチア平和祈念詩集』(第一書林、1996年)