メインメニューを開く

小池和男

小池 和男(こいけ かずお、1932年7月18日[1]- )は、日本の経済学者法政大学名誉教授労働経済学専攻。経済学博士東京大学、1963年)(学位論文「日本の賃金交渉 -産業別レベルにおける賃金決定機構-」)。新潟県出身。

聞き取りや国際比較を実地に行う研究スタイルや、日本の労働形態を肯定的に強調する立場を取る。1979年『労働者の経営参加』でサントリー学芸賞、1988年『人材形成の国際比較』で大平正芳記念賞受賞、1996年紫綬褒章受章。2009年『日本産業社会の「神話」』で読売・吉野作造賞受賞。2014年文化功労者[2]

目次

経歴編集

著書編集

  • 『日本の賃金交渉 産業別レベルにおける賃金決定機構』東京大学出版会 1962
  • 『賃金 その理論と現状分析』ダイヤモンド社 1966
  • 『職場の労働組合と参加 労使関係の日米比較』東洋経済新報社 1977
  • 『労働者の経営参加 西欧の経験と日本』日本評論社 1978
  • 『日本の熟練 すぐれた人材形成システム』有斐閣選書 1981
  • 『中小企業の熟練 人材形成のしくみ』同文館出版 1981
  • 『仕事の経済学』東洋経済新報社 1991
  • 『アメリカのホワイトカラー 日米どちらがより「実力主義」か』東洋経済新報社、1993年)
  • 『日本の雇用システム その普遍性と強み』(東洋経済新報社、1994年)
  • 『日本企業の人材育成 不確実性に対処するためのノウハウ』(中公新書、1997年)
  • 『大卒ホワイトカラーの能力開発』教育文化協会 1998
  • 『聞きとりの作法』(東洋経済新報社、2000年)
  • 『海外日本企業の人材形成』東洋経済新報社 2008
  • 『日本産業社会の「神話」 経済自虐史観をただす』日本経済新聞出版社 2009
  • 『高品質日本の起源―発言する職場はこうして生まれた』日本経済新聞出版社 2012、【日経・経済図書文化賞(第55回)】
  • 『強い現場の誕生 トヨタ争議が生みだした共働の論理』日本経済新聞出版社 2013
  • 『戦後労働史からみた賃金 海外日本企業が生き抜く賃金とは』東洋経済新報社 2015
  • 『なぜ日本企業は強みを捨てるのか 長期の競争vs.短期の競争』日本経済新聞出版社 2015
  • 『「非正規労働」を考える 戦後労働史の視角から』名古屋大学出版会 2016

共編著編集

  • 『賃金交渉の行動科学 賃金波及のしくみ』佐野陽子石田英夫共編 東洋経済新報社 1969
  • 『学歴社会の虚像』渡辺行郎共著 東洋経済新報社(東経選書)1979
  • 『高年者雇用への展望』(編)日本労働協会 1981
  • 『現代の失業』(編著)同文館出版 1984
  • 『現代の人材形成 能力開発をさぐる』(編著)ミネルヴァ書房 1986
  • 『人材形成の国際比較 東南アジアと日本』猪木武徳共編 東洋経済新報社 1987
  • 『職場のキャリアウーマン』富田安信共編 東洋経済新報社(東経選書) 1988
  • 『アジアの挑戦 日・韓・タイにおける国際分業と企業戦略』清成忠男共編 東洋経済新報社 1990
  • 『大卒ホワイトカラーの人材開発』(編)東洋経済新報社 1991
  • 『もの造りの技能 自動車産業の職場で』中馬宏之,太田聰一共著 東洋経済新報社 2001
  • 『ホワイトカラーの人材形成 日米英独の比較』猪木武徳共編著 東洋経済新報社 2002
  • 『経営学のフィールド・リサーチ 「現場の達人」の実践的調査手法』洞口治夫共編著 日本経済新聞社 2006
  • 『プロフェッショナルの人材開発』(編・監修)ナカニシヤ出版 2006
  • 『国際化と人材開発』(編・監修)ナカニシヤ出版 2007

翻訳編集

  • レスター・C.サロー『不平等を生み出すもの』脇坂明共訳 同文館出版 1984

脚注編集