藤沢一就

日本の囲碁棋士
藤澤一就から転送)

藤澤 一就 (ふじさわ かずなり、1964年8月12日 - ) は、日本棋院東京本院所属囲碁棋士、八段。東京都出身。

 藤澤一就 八段
名前 藤澤一就
生年月日 (1964-08-12) 1964年8月12日(57歳)
プロ入り年 1981年
出身地 東京都
所属 日本棋院東京本院
師匠 藤沢秀行
段位 八段
概要
テンプレートを表示

父は藤沢秀行名誉棋聖、長女は女流四冠などを達成した藤沢里菜五段。従兄にタイトル数7期の藤沢朋斎九段がいる。

略歴編集

1977年に院生となり、1981年日本棋院初段。以後昇段を重ね、1999年より八段となる。1990~1994年、2002~2008年の間、日本棋院常務理事を務める[1]

棋士育成編集

長年にわたる棋士育成に定評があり、2021年12月に「長所を伸ばす育成方針が実を結び、囲碁界に新風を吹き込んだ」として第39回日本囲碁ジャーナリストクラブ賞を受賞した[2]。父の秀行、娘の里菜も過去に同賞を受賞していて、三代にわたる受賞となった。2022年現在、門下より12名の棋士を輩出している。

2000年に新宿区歌舞伎町1丁目に開設した新宿こども囲碁教室は、在籍生徒数約200人。ここで育った院生は20数名おり、これは院生全体の3分の1以上を占める。

2007年には、「強いプロを育てる」を目標に、プロ志望の子どもに早期からの教育を行う天豊道場を、教室とは別に東新宿で開設した[1]。道場の命名は藤沢の父・藤沢秀行による[3]。道場には、指導のため高尾紳路九段や結城聡九段、坂井秀至八段などが頻繁に訪れている[4]。開設当初は秀行も指導に訪れていた[3]

入段者
棋士 段位 生年 入段 実績など
1 寺山怜 六段 1990 31 2007 NHK杯準優勝 [5]
2 沼舘沙輝哉 七段 1991 30 2010 [6]
3 本木克弥 八段 1995 26 2011 本因坊挑戦者 [7]
4 飛田早紀 二段 1991 31 2011 [8]
5 木部夏生 二段 1995 26 2012 [9]
6 広瀬優一 五段 2001 20 2016 新人王 [10]
6 上野愛咲美 四段 2001 20 2016 女流棋聖 [11]
8 関航太郎 八段 2001 20 2016 新人王 [12]
9 青木裕孝 二段 2001 21 2018 [13]
10 上野梨紗 初段 2006 12 2019 [14]
11 藤井浩貴 初段 2002 19 2020 [15]
12 竹下凌矢 初段 2005 17 2021 [16]

出演編集

ニコニコ生放送編集

  • Men's Knuckle カズアキの目指せ1000人斬り!(2010-2011)
  • 囲碁少女15(-2013)
  • ニコスト -niconico stones-
  • ヒカルの碁 鑑賞会

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 代表挨拶新宿こども囲碁教室
  2. ^ 読売新聞2022年1月4日付朝刊囲碁将棋欄
  3. ^ a b 天豊道場名付け親時々囲碁日誌+
  4. ^ 院生の3分の1が学んだ藤澤一就八段の囲碁教室 NHKテキストView
  5. ^ 寺山怜
  6. ^ 沼舘沙輝哉
  7. ^ 本木克弥
  8. ^ 飛田早紀
  9. ^ 木部夏生
  10. ^ 広瀬優一
  11. ^ 上野愛咲美
  12. ^ 関航太郎
  13. ^ 青木裕孝
  14. ^ 上野梨紗
  15. ^ 藤井浩貴
  16. ^ 竹下凌矢
  17. ^ ネット部活”. N高等学校(通信制高校 広域・単位制). 2017年11月12日閲覧。

外部リンク編集