新人王戦 (囲碁)

日本の囲碁の棋戦

新人王戦(しんじんおうせん)は、しんぶん赤旗日本共産党中央委員会機関紙活動局)及び日本棋院関西棋院主催の囲碁棋戦で、25歳以下、六段以下の棋士が参加する。1976年(昭和51年)創設。

新人王戦 (囲碁)
若手棋戦
概要
主催 しんぶん赤旗日本共産党
日本棋院関西棋院
優勝賞金 200万円
決勝 三番勝負
持ち時間 3時間
創設年 1976年(第1期)
開催時期 10月(決勝)
記録
現新人王 上野愛咲美
最多優勝 依田紀基(5期)
最長連覇 山下敬吾(4連覇)
テンプレートを表示

出場棋士 編集

  • 第1-第n期は、35歳以下の、初段から七段までから[1]。第1期-第2期は成績による選抜[1]
    • 宮沢吾朗は、33歳の1983年(第8期)に準優勝、35歳の1985年(第10期)に優勝している。
  • 第n+1-第30期は30歳以下の五段以上七段以下は全員、30歳以下の四段以下は前年ランキング上位
  • 第31期から25歳、七段以下。第33期から25歳、六段以下。
  • 本戦出場者は、日本棋院からシード17名、予選勝ち抜き者8名、関西棋院からシード4名、予選勝ち抜き者4名の計33名。また2008年の第33期より、新人王経験者は「卒業」と称して以後の出場資格が無くなる、つまり本棋戦の優勝は生涯に1回しかできないと規定が変更された。

方式 編集

  • トーナメント方式で争われ、決勝戦は3番勝負。
  • コミは第1-27期は5目半、28期より6目半。
  • 持時間は、第1-28期は各5時間、29-30期は各4時間、31期から各3時間。

歴代優勝者と決勝戦 編集

(左が優勝者)

  1. 1976年 小林光一 2-0 中村秀仁
  2. 1977年 小林光一 2-0 趙治勲
  3. 1978年 石田章 2-1 倉橋正蔵
  4. 1979年 石田章 2-1 山城宏
  5. 1980年 宮沢吾朗 2-0 清成哲也
  6. 1981年 王立誠 2-0 長谷川直
  7. 1982年 片岡聡 2-0 依田紀基
  8. 1983年 依田紀基 2-0 宮沢吾朗
  9. 1984年 今村俊也 2-1 橋本雄二郎
  10. 1985年 宮沢吾朗 2-0 今村俊也
  11. 1986年 依田紀基 2-1 王立誠
  12. 1987年 依田紀基 2-1 王銘琬
  13. 1988年 小松英樹 2-0 鳴沢泰一
  14. 1989年 依田紀基 2-0 泉谷英雄
  15. 1990年 依田紀基 2-1 結城聡
  16. 1991年 趙善津 2-1 柳時熏
  17. 1992年 小松英樹 2-0 マイケル・レドモンド
  18. 1993年 結城聡 2-0 三村智保
  19. 1994年 三村智保 2-1 楊嘉源
  20. 1995年 三村智保 2-0 趙善津
  21. 1996年 高尾紳路 2-0 仲邑信也
  22. 1997年 山田規三生 2-0 青木喜久代
  23. 1998年 山下敬吾 2-1 高尾紳路
  24. 1999年 山下敬吾 2-0 羽根直樹
  25. 2000年 山下敬吾 2-0 羽根直樹
  26. 2001年 山下敬吾 2-0 久保秀夫
  27. 2002年 張栩 2-0 高尾紳路
  28. 2003年 蘇耀国 2-0 藤井秀哉
  29. 2004年 溝上知親 2-1 坂井秀至
  30. 2005年 金秀俊 2-0 井山裕太
  31. 2006年 松本武久 2-1 黄翊祖
  32. 2007年 井山裕太 2-0 望月研一
  33. 2008年 内田修平 2-0 河英一
  34. 2009年 李沂修 2-0 三谷哲也
  35. 2010年 白石勇一 2-1 三谷哲也
  36. 2011年 村川大介 2-0 安斎伸彰
  37. 2012年 金沢真 2-1 富士田明彦
  38. 2013年 富士田明彦 2-0 余正麒
  39. 2014年 一力遼 2-1 志田達哉
  40. 2015年 許家元 2-0 平田智也
  41. 2016年 大西竜平 2-0 谷口徹
  42. 2017年 芝野虎丸 2-0 孫喆
  43. 2018年 広瀬優一 2–0 大西研也
  44. 2019年 孫喆 2–0 小池芳弘
  45. 2020年 関航太郎 2–1 佐田篤史
  46. 2021年 外柳是聞 2–1 上野愛咲美
  47. 2022年 酒井佑規 2–0 大竹優
  48. 2023年 上野愛咲美 2–0 姚智騰

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 『棋道』1977年4月臨時増刊号『囲碁年鑑』P.193

外部リンク 編集