藤田富雄

日本の宗教哲学者

藤田 富雄(ふじた とみお、1923年11月10日 - 2010年2月2日)は、日本の宗教学者、宗教哲学[1]立教大学名誉教授[1]

山口県光市出身[1]1949年東京大学文学部宗教学科を卒業し、1954年に東京大学大学院を修了する[1]立教高校で教諭を務め、1957年に『現代の意識 ヘーゲルを超えるもの』を村山書店から出版する。翌1958年、この作品によって日本宗教学会の姉崎記念賞を受賞する[1][2]1959年から立教大学講師、1961年から助教授、1968年から教授を務める[1]1976年から1986年まで立教大学ラテン・アメリカ研究所長を務める[1]。その後、神奈川大学教授を務める[1]。日本宗教学会、日本ラテンアメリカ学会、比較思想学会に所属した[1]2010年2月2日に肺炎で死去した[1]。享年86歳[1]

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 「藤田富雄」『現代物故者事典 2009~2011』日外アソシエーツ編、2012年、529頁。
  2. ^ 姉崎記念賞 日本宗教学会、2016年10月3日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集