メインメニューを開く

藤間 哲郎(ふじま てつろう、1924年12月31日 - 2011年5月19日[1])は、昭和期の作詞家

藤間 哲郎
生誕 (1924-12-31) 1924年12月31日
出身地 神奈川県横浜市
死没 (2011-05-19) 2011年5月19日(86歳没)
ジャンル 歌謡曲
職業 作詞家
活動期間 1951年 - 2011年

経歴編集

東京府東京市麹町区出身。

1951年からキングレコード専属作詞家になり、キング時代には代表作「おんな船頭唄」、「東京アンナ」、「別れの波止場」、「男のブルース」などがある。特に、「おんな船頭唄」は、歌手三橋美智也を大成させるキッカケともなった曲である。

1956年東芝レコードに移籍。東芝レコード時代には、松山恵子の歌声で大ヒットした「お別れ公衆電話」を作詞。その後に古巣のキングレコードに戻り「東京の灯よいつまでも」などを作詞した。

その後は、日本作詞家協会理事長、日本音楽著作権協会監事などを歴任。

2004年旭日双光章受章。

2011年5月19日、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の自宅で死去[1]。86歳没。

代表曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本経済新聞社 (2011年5月24日). “作詞家の藤間哲郎氏が死去”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2404C_U1A520C1CC1000/ 2016年8月22日閲覧。