メインメニューを開く

真山 一郎(まやま いちろう)は、浪曲名跡。当代は2代目。

目次

初代編集

真山一郎
出生名 西本 恭男
生誕 (1929-06-03) 1929年6月3日(90歳)
出身地   日本 山口県下松市
ジャンル 演歌浪曲
職業 浪曲師歌手
活動期間 1947年 - 2010年
レーベル キングレコード
事務所  浪曲親友協会

初代真山 一郎(1929年(昭和4年)6月3日 - ):本名は西本恭男(旧姓・野田)。血液型はO型家紋・三つ鐶桜。浪曲師だけでなく歌謡浪曲江州音頭と幅広く活躍。

略歴編集

11人兄弟の長男として生まれた。農家だが父は元々興行関係にも携わっており、その縁で旅回りの浪曲師が実家に出入りするようになった。その影響から幼くして浪曲を志し、5歳の時にはお寺で寿々木米若の「佐渡情話」を語って天才少年と称された。高校を卒業すると同時に、1947年に華井新の門下になり華井満を名乗る。まもなく一座の花形となり1948年に華井新十郎と改名。師匠と二枚看板で全国を巡業する。

入門し数年がたった時に、真山は歌謡曲を吹き込みたくなったが、昔気質の師匠と対立してしまい、師匠に内緒で岸日出夫という名前でマーキュリーレコードから「内緒で御座る」を吹き込むが、すぐに師匠にばれてしまい。破門となる(数年後に破門取り消しとなる)。

歌の勉強のため豊田一夫に師事し、1957年、当時のマーキュリーレコードのプロデューサーが「日本一の山は富士の山、あの山のように一番になれ」という理由を込めて真山一郎と命名。1961年よりキングレコードの専属となる。1961年11月発売の「刃傷松の廊下」が翌年にかけて大ヒット。1971年新作歌謡浪曲「日本の母」が大ヒットし、浪曲の世界に復帰する。

真山の浪曲は元来、浪曲に歌謡曲の入る歌謡浪曲というスタイルであった(#芸風を参照)。1970年より真山の相三味は東家菊栄であったが、高齢の為1983年に引退を余儀なくされる。これに困った真山はしばらくの間は西崎恵美子等の曲師に弾いてもらっていたが、本来の目的でもあった歌謡浪曲の追求、洋楽伴奏だけの歌謡浪曲を創ることに専念し、「演歌浪曲」と称する型を追求した。自ら作曲したカラオケを録音したテープを使い、妻を裏方(オペレータ)として舞台に出した。一節一節効果音が入る為、デッキを付けたり消したりしなければならず、それこそ舞台上では曲師同様の働きをしている。元々、オーケストラ伴奏のみの浪曲1978年発表の「北方の故郷」が第一作であったが、この時は「浪曲ドラマ」という名義であり、この作品を発表した際は、一つの企画に過ぎず、舞台では三味線入りの歌謡浪曲がメインであった。

1984年頃より徐々に演歌浪曲に重点を置いて演じるようになり、翌85年に完全移行してから引退する2010年までの25年間一度も三味線の浪曲を演じることは無かった。弟子も同じ形式の「演歌浪曲」を演じる。

2008年に脳梗塞で倒れた後は舞台には出ずリハビリに励んでいたが、体調不良もあり2010年5月に引退を決意し、弟子の真山広若へ名前を譲ることになり2010年12月4日国立文楽劇場で真山一郎引退公演で惜しまれつつ引退。最後に自身の最大のヒット作である刃傷松の廊下のアテ節(サビ)を語って引退した。

年譜
  • 1929年(昭和4年) - 山口県下松市に11人兄弟の長男として生まれる
  • 1934年(昭和9年)頃 - 近所の寺にて佐渡情話を読む
  • 1947年(昭和22年) - 田布施農業高校卒業後、華井新に入門 華井満と命名
  • 1948年(昭和23年) - 華井新十郎に改名。師匠と二枚看板で全国を巡業する。
  • 1957年(昭和32年) - 歌の勉強のため豊田一夫に師事してマーキュリーレコード入社 岸柳二→岸日出夫→真山一郎と改名
  • 1961年(昭和36年) - キングレコードに移籍
  • 1962年(昭和37年) - 「刃傷松の廊下・番場の忠太郎」ヒット賞受賞
  • 1963年(昭和38年) - 「殺陣師一代」ヒット賞受賞
  • 1971年(昭和46年) - 歌謡浪曲「日本の母」ヒット賞受賞
  • 1975年(昭和50年) - 東芝レコードより「河内の次郎長」ヒット賞受賞
  • 1976年(昭和51年) - 大阪新歌舞伎座にて「芸能生活30周年記念リサイタル」を開催
  • 1978年(昭和53年) - 東芝レコードより演歌浪曲第一作の「北方の故郷」を発表。これを記念して4月3日姫路市民会館、4月4日神戸文化会館、4月10日大阪毎日ホールにて発表会を開催する。
  • 1979年(昭和54年) - 浪曲親友協会副会長に就任。相三味線の東家菊栄引退前後より、三味線入りの歌謡浪曲から、オーケストラ伴奏のみの演歌浪曲に移行し舞台を行うようになる
  • 1985年(昭和60年) - 浪曲親友協会会長に就任、社団法人化に力を入れる。昭和天皇秋の園遊会
  • 1987年(昭和62年) - キャニオンレコードより「北前船」ヒット賞受賞
  • 1990年(平成2年) - 法務大臣賞受賞
  • 1991年(平成3年) - 大阪市民表彰受賞
  • 1993年(平成5年) - 生駒市セイセイビル市民ホールにて「芸能生活45周年記念リサイタル」開催
  • 1995年(平成7年) - 大阪府知事表彰受賞
  • 2002年(平成14年) - 文化庁長官表彰受賞
  • 2010年(平成22年) - 体調不良により、国立文楽劇場にて引退
  • 2011年(平成23年) - 株式会社ユーキャンから発売された「歌謡浪曲の世界」鑑賞アルバム・日本人の心のメッセージで久々にインタビューに出演した。

ディスコグラフィー編集

その他民謡多数。

主な出演編集

放送番組
映画

弟子編集

  • 二代目真山一郎
  • 真山龍太郎
  • 真山誠太郎
  • 真山大五郎
  • 真山新太郎
  • 真山新十郎
  • 真山新一郎
  • 真山二郎
  • 真山十郎
  • 真山鈴若
  • 真山昭二郎
  • 真山広子
  • 真山みき
  • 真山幸美(オペレーター)
  • 真山セツ子(オペレーター)
  • 真山きみえ(オペレーター)
  • 真山裕子(オペレーター)

その他、レツゴー三匹のレツゴー長作、杉良太郎横山やすし等も初代門下で修行した。

芸風編集

三味線の有無にかかわらず、オーケストラの伴奏が入る浪曲を語る。歌謡浪曲時代、実演については一席約30分の内、三味線:オーケストラの割合は7:3もしくは6:4であった。レコード収録されているものについては2:8くらいの割合の物も存在する。主にオーケストラ伴奏で表現される部位は、主題歌、効果音、歌謡節で、物語の重点的部分はオーケストラにて表される部分が多い。主題歌については、既存の歌を浪曲に入れる形では無く、新しく、その浪曲用に作られた主題歌を使用している。また、音響施設のない所では三味線のみの浪曲も演じる事がしばしばあった。

その後、演歌浪曲移行後はオーケストラ伴奏のみとなり、伴奏音源も一新したが、演目や台本構成は以前の物からほぼ変わらなかった。その為、主題歌と節と歌謡節の違いが分かりづらくなったが、カラオケ世代にも親しまれるようになった。

人物・エピソード編集

趣味は家庭菜園で、「真山農園」と称した農園を持っていた。あくまでも趣味の範囲との事だが、自らトラクターを乗り回し、広大な土地を開拓した。

2代目編集

2代目真山 一郎1959年(昭和34年)1月17日 - ):本名は岩崎 猛。

略歴編集

河内音頭の家元故・初音家太三広の子。大阪府東大阪市の生まれ、1973年に父の元に入門し初音家広若の名で櫓などで活躍。1985年に浪曲の初代真山一郎に入門し真山広若を名乗る。1998年社団法人浪曲親友協会理事に就任する。2010年12月に師・初代真山一郎引退に伴い2代目真山一郎を襲名。2015年2月浪曲生活30周年記念盤をキングレコードより発売。翌月岸和田にて記念浪曲大会が行われる。

主な演目編集

刃傷松の廊下、冥土の早駕籠、元禄秋晴れ街道、大石妻子の別れ、南部坂雪の別れ、俵星玄蕃、番場の忠太郎、ああヒロシマ、北方の故郷、日本の母、日本の妻、涙の花嫁姿、亀甲組涙の関西鉄道

注釈編集

参考文献編集

  • 「真山一郎先生の芸道60年と喜寿を祝う会 パンフレット」発行・真山一郎広島後援会 2006年

外部リンク編集