虞喜

中国の天文学者

虞 喜(ぐ き[1]270年 - 345年[2][注 1])は、中国天文学者は仲寧。古代ギリシャの天文学者ヒッパルコスとは独立して、地球の歳差運動を発見した[1][3]揚州会稽郡余姚県の人。三国時代騎都尉虞翻の一族で、父の虞察は呉の征虜将軍、弟の虞預十八家晋史の著者の一人として知られる[4]

虞喜
人物情報
生誕 270年(281年説も)
揚州会稽郡余姚県
死没 345年(356年説も)
学問
研究分野 天文学
特筆すべき概念 ヒッパルコスとは独立して地球の歳差運動を発見
主要な作品 『安天論』
テンプレートを表示

生涯編集

若くして学に親しみ、故事を好んだ[5]西晋懐帝東晋明帝成帝康帝から任官するように詔が出たが、いずれも辞去した[5]。子はなく、76歳で他界した[5]

業績編集

虞喜は、冬至点が年々西に移動していることを発見し、その率を50年に1度(現在の0.986°に相当)であるとした[1]。これは、古代ギリシャのヒッパルコスとは独立した、歳差運動の発見となった[1]。この発見は、後に南朝祖沖之が編纂した大明暦に取り入れられた[3]

天地の構造については、宣夜説に基づいて書かれた著書『安天論』の中で渾天説蓋天説を批判した[1][6]。大叔父にあたる、虞翻の六男の虞聳が著書『穹天論』で「天は鶏卵のようなドーム型をしている」としたのに対して、虞喜は『安天論』の中で「天の高さは窮まりなく、地の深さは測ることができない」とした[1][6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 281年 - 356年説もあり[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 原恵 著、中山茂 編 『天文学人名辞典』(初版第一刷)恒星社〈現代天文学講座〉、1983年3月25日、217頁。 NCID BN00165458 
  2. ^ 張慶民『干宝生平事跡新考』
  3. ^ a b 中村士 『東洋天文学史』(初版第一刷)丸善出版〈サイエンス・パレット〉、2014年10月30日、57頁。ISBN 978-4-621-08862-3 
  4. ^   巻八十二 列傳第五十二” (中国語). 晋書. - ウィキソース. 
  5. ^ a b c   巻九十一 列傳第六十一 儒林傳” (中国語). 晋書. - ウィキソース. 
  6. ^ a b   巻十一 志第一 天文上” (中国語). 晋書. - ウィキソース.