メインメニューを開く

概要編集

江戸時代に築造されたと伝わるため池で[2]、周囲2.85キロメートル[1]。現在も地域の水田農業用水を供給している[2]。また、池の周囲にはが植えられて地元住民の憩いの場ともなっている[2]。湧水からなる池の水は、かつては醸造茶の湯にも利用されていたという[1]

伝説編集

寛文の頃、出雲大社の拝殿建替えにあたって呼び寄せられた左甚五郎は、この池に住むという蛇(龍)を彫るように命じられた。七日七夜に渡って灯明を掲げて祈ると雷雲とともに池から蛇が現れたため、これを彫り上げて大社に奉納。彫物は拝殿の破風に掲げられたが、毎月1日と15日になると暴れ回ったので針金で縛り付けたものの、それでも動くことから鋸引きしてようやく静まったという。地元では蛇を鎮めるため池のそばに蛇池神社を建立して水の神として祀った[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 蛇池(ジャイケ)”. しまね観光ナビ. 2013年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d ため池百選一般投票・投票対象ため池の概要 中国地区(島根県)”. 農林水産省 (2010年1月8日). 2012年6月9日閲覧。
  3. ^ 蛇池に伝わる伝説”. 国土地理院 (2011年1月6日). 2012年6月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 島根県湖陵町蛇池の環境地質 NAID 110006940176 - 島根大学学術情報リポジトリ