蛇田村

日本の宮城県牡鹿郡にあった村

蛇田村(へびたむら)は、昭和29年(1954年)まで宮城県牡鹿郡の北西部にあった村。

へびたむら
蛇田村
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 編入合併
蛇田村石巻市
現在の自治体 石巻市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
牡鹿郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 9.65km2.
総人口 5,032
(『宮城県町村合併誌』、1954年12月31日)
隣接自治体 牡鹿郡渡波町
桃生郡鹿又村須江村赤井村
石巻市
蛇田村役場
所在地 宮城県牡鹿郡蛇田村
座標 北緯38度26分44秒 東経141度16分47秒 / 北緯38.445612度 東経141.279752度 / 38.445612; 141.279752座標: 北緯38度26分44秒 東経141度16分47秒 / 北緯38.445612度 東経141.279752度 / 38.445612; 141.279752
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

歴史編集

蛇田村の由来編集

安永風土記によれば、ツバメがくわえてきた瓜の実を植えたところ、大きな実がなり、その中から数多のヘビが出てきたため、村の南西に埋めを築き、名を蛇塚とした。そのため、村の名を蛇多とし、後年に蛇田と書き替えたという[1]
また、一説によると『上毛野田道が大蛇となって蝦夷を破った』という征夷伝説を信じた村人が蛇田道公と尊称し、それを祀ったためともある[1][2]

沿革編集

行政編集

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 高瀬直記 明治22年(1889年)4月 明治25年(1892年)4月
2 菅野又甚三郎 明治25年(1892年)5月 明治36年(1903年)8月
3 川村喜十郎 明治36年(1903年)8月 明治42年(1909年)2月
4 川村豊吉 明治42年(1909年)3月 明治43年(1910年)2月
5 遠藤章平 明治43年(1910年)3月 大正2年(1913年)11月
6 大内久馬 大正2年(1913年)12月 大正10年(1921年)2月
7 菅野又甚三郎 大正10年(1921年)4月 大正14年(1925年)5月 再任
8 千葉友治 大正14年(1925年)5月 昭和5年(1930年)11月
9 木村義三郎 昭和5年(1930年)11月 昭和9年(1934年)11月
10 勝又朝治 昭和9年(1934年)12月 昭和11年(1936年)10月
11 布施長蔵 昭和11年(1936年)11月 昭和14年(1939年)12月
12 山田海秀 昭和15年(1940年)2月 昭和19年(1944年)9月
13 手塚周五郎 昭和19年(1944年)9月 昭和21年(1946年)10月
14 宍戸孔一 昭和22年(1947年)4月 昭和29年(1954年)12月31日

交通編集

鉄道編集

著名な出身者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『日本歴史地名大系第四巻 宮城県の地理』平凡社1987年7月10日発行 666頁。
  2. ^ a b c d e 『角川日本地名大辞典 4宮城県』平成3年9月1日角川書店発行 471-472頁。

参考文献編集

  • 『宮城県町村合併誌』(宮城県地方課、1958)

関連項目編集