メインメニューを開く

行徳町(ぎょうとくまち)は、1889年(明治22年)4月1日から1955年(昭和30年)3月31日まで存在した千葉県東葛飾郡。現在の千葉県市川市中部から南部にかけての地域。江戸時代から明治にかけて塩田で知られた地域である。

ぎょうとくまち
行徳町
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 編入合併
行徳町 → 市川市
現在の自治体 市川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
東葛飾郡
面積 12.81km2.
総人口 11,686
国勢調査1950年
隣接自治体 千葉県
市川市、船橋市
東葛飾郡南行徳町
東京都
江戸川区
行徳町役場
所在地 千葉県東葛飾郡行徳町大字本行徳344番地
 表示 ウィキプロジェクト

歴史編集

町名の由来編集

当町は古くは行徳の一部に属し、「本行徳」と呼ばれる中心地域であったことによる。また、「行徳」は室町時代に当地域にいた徳のある修験者が「行徳さま」と呼ばれていたことに因む。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 東葛飾郡本行徳村、伊勢宿村、関ケ島村、下新宿村、大和田村、稲荷木村、上妙典村、下妙典村、河原村、田尻村、高谷村、原木村、二俣村、儀兵衛新田(現・幸、宝)、加藤新田、寺内村飛地、二子村飛地、本郷村飛地、西海神村飛地、印内村飛地が合併し、東葛飾郡行徳町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 市川市に編入、消滅する。

現在の町名編集

関連項目編集