行方 昭夫(なめかた あきお、1931年9月14日 - )は、日本の英文学者翻訳家東京大学東洋学園大学名誉教授。日本モーム協会会長。

略歴編集

東京生まれ。父は朝日生命保険社長を務めた行方孝吉[1]東京都立九段高等学校卒、1955年東京大学教養学部イギリス科卒業、1958年同英文科大学院修士課程修了、1966年東大教養学部助教授、1983年教授。1992年定年退官、東洋学園大学教授、学長を務めた。

活動編集

朱牟田夏雄上田勤に師事し、アメリカ文学者としてヘンリー・ジェイムズを専攻していたが、英文読解者としても多くの著作を刊行し、英文学、英語学の専門誌である英語青年において英文解釈練習のコーナーを長年隔月で担当。岩波書店の同時代ライブラリー[2]・オリジナル版として出た『英文快読術』(は、同シリーズで最も売れたという。『イシ』(や、ジェイムズ、サマセット・モームなど、正確な翻訳を次々と生み出している。

著書編集

  • 『英文快読術』(岩波同時代ライブラリー) 1994、のち岩波現代文庫 2003
  • 『英語のこころを読む』(ちくま学芸文庫) 1996、のち全面改訂版『実践 英文快読術』(岩波現代文庫) 2007
  • 『英語のセンスを磨く 実践英語への誘い』(岩波書店) 2003、のち改訂版『英語のセンスを磨く 英文快読への誘い』(岩波現代文庫) 2017
  • 『英語の発想がよくわかる表現50』(岩波ジュニア新書) 2005
  • 『英文の読み方』(岩波新書) 2007
  • 『サマセット・モームを読む』(岩波書店、岩波セミナーブックス) 2010 
  • 『解釈につよくなるための英文50』(岩波ジュニア新書) 2012 
  • 『モームの謎』(岩波現代文庫) 2013
  • 『身につく英語のためのA to Z』(岩波ジュニア新書) 2014 
  • 『英会話不要論』(文春新書) 2014
  • 『東大名誉教授と名作・モームの『赤毛』を読む 英文精読術』(DHC) 2015
  • 『東大名誉教授と名作・モームの『大佐の奥方』を訳す 英文翻訳術』(DHC) 2016
  • 『東大名誉教授と名作・モームの『物知り博士』で学ぶ 英文読解術』(DHC) 2017 
  • 『東大名誉教授と原文で楽しむ英文読書術』(DHC) 2017 
  • 『実践 英語のセンスを磨く - 難解な作品を読破する』(岩波現代文庫) 2018
  • 『東大名誉教授と原文で楽しむ英文読書術 イギリスエッセイ編』(DHC) 2018
  • 『読解英文傑作エッセイ21選 生きるヒント』(DHC) 2020

共編著編集

  • 『サマセット・モーム』(朱牟田夏雄と共編著、研究社、20世紀英米文学案内19) 1966
『劇場』『クリスマスの休暇』の作品論について執筆、エッセイの『サミング・アップ』『極めて個人的な話』『一作家の手帖』の解説と内容紹介、旅行記全般に関する解説と内容紹介、書誌・年表
  • 『英語の読み方、味わい方』(上田勤共著、新潮選書) 1990
  • 『映画化された英米文学24 そのさわりを読む』(河島弘美と共編著、音羽書房鶴見書店) 2016

翻訳編集

ヘンリー・ジェイムズ編集

  • 『アスパンの恋文』(ヘンリー・ジェイムズ、八潮出版社 1965、のち改訳(岩波文庫) 1998
  • 『モーヴ夫人』(ヘンリー・ジェイムズ、八潮出版社) 1977
  • 『デイジー・ミラー 他三篇』(ヘンリー・ジェイムズ、八潮出版社) 1989、のち改訳改題『ねじの回転 / デイジー・ミラー』(岩波文庫) 2003
  • 『嘘つき』(ヘンリー・ジェイムズ、福武文庫) 1989
  • ある婦人の肖像』上・中・下(ヘンリー・ジェイムズ、岩波文庫) 1996
  • 『ヘンリー・ジェイムズ傑作選』(ヘンリー・ジェイムズ、講談社文芸文庫) 2017
  • 『ロデリック・ハドソン』(ヘンリー・ジェイムズ、講談社文芸文庫) 2021

サマセット・モーム編集

  • 人間の絆』上・中・下(サマセット・モーム、岩波文庫) 2001
  • 月と六ペンス』(サマセット・モーム、岩波文庫) 2005
  • 『サミング・アップ』(サマセット・モーム、岩波文庫) 2007
  • 『モーム短篇選』上・下(サマセット・モーム、岩波文庫) 2008
  • 『モーム語録』(サマセット・モーム、編訳、岩波現代文庫) 2010
  • 『お菓子とビール』(サマセット・モーム、岩波文庫) 2011
  • 『聖火』(サマセット・モーム、講談社文芸文庫) 2017
  • 『報いられたもの / 働き手』(サマセット・モーム、講談社文芸文庫) 2018

脚注編集

  1. ^ 『モームの謎』
  2. ^ このレーベルは1990年から1998年にかけ、350冊刊行された

参考編集

  • 駒場1991