メインメニューを開く
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(「霊麀山」の「麀」(ゆう)の字は「鹿」の下に「匕」)が含まれています(詳細)。

行願寺(ぎょうがんじ)は、京都府京都市中京区にある天台宗寺院。山号は霊麀山。本尊千手観音。通称革堂(こうどう)。西国三十三所第十九番札所である。

行願寺
行願寺革堂
革堂
所在地 京都府京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町17
位置 北緯35度0分58.68秒
東経135度46分3.94秒
座標: 北緯35度0分58.68秒 東経135度46分3.94秒
山号 霊麀山(れいゆうざん)
宗派 天台宗
本尊 千手観音
創建年 寛弘元年(1004年
開基 行円
正式名 霊麀山行願寺
別称 革堂
札所等 西国三十三所第19番
洛陽三十三所観音霊場第4番
神仏霊場巡拝の道第114番(京都34番)
都七福神寿老人
文化財 本堂・鐘楼(市指定文化財
法人番号 6130005001875
テンプレートを表示

目次

歴史編集

百錬抄』、『日本紀略』等によれば、行願寺は寛弘元年(1004年)、行円一条小川の一条北辺堂跡地に堂を復興して行願寺と名付けたものである。一条北辺堂については、『日本紀略』永祚元年(989年)8月13日条に「一条北辺堂舎倒壊」とあり、行願寺の創建以前から存在したことが裏づけられる。当初の寺地は現在の京都市上京区、京都御苑の西方で、付近に革堂町、革堂仲之町、革堂西町の町名が残る。

行円は仏門に入る前は狩猟を業としていたが、ある時、山で身ごもった雌鹿を射たところ、その亡くなった雌鹿の腹から子鹿の誕生するのを見、殺生の非を悟って仏門に入ったという。行円はその雌鹿の皮を常に身につけていたことから、皮聖、皮聖人などと呼ばれ、それによって寺の名も革堂と呼ばれるようになった。行円の生没年は未詳だが、比叡山の横川(よかわ)出身の聖と推定されている。藤原道長の息の藤原顕信寛弘9年(1012年)、行円のもとで剃髪出家している。

寺は豊臣秀吉による都市計画のため、天正18年(1590年)に寺町荒神口(現・上京区、京都御苑東側)に移転。宝永5年(1708年)の大火の後、寺町荒神口の旧地からやや南に下がった現在地に移転した。

伽藍編集

 
寿老人神堂
 
庫裏
 
七福神像
  • 本堂 - 文化12年(1815年)、京都市指定有形文化財
  • 鐘楼 - 文化元年(1804年)、京都市指定有形文化財
  • 寿老人神堂 - 安土桃山時代
  • 愛染堂
  • 鎮宅霊符神堂 - 鎮宅霊符神(北辰妙見菩薩)を祀る。
  • 庫裏

文化財編集

  • 幽霊絵馬
次のような伝説をもつ絵馬である。江戸時代の末頃、行願寺の近くにあった質屋に奉公していたお文という子守女は、聞き慣れた御詠歌を子守歌がわりに口ずさみ、子供まで御詠歌を覚えてしまった。熱心な法華経信者であった質屋の主人はこれを見とがめ、お文を折檻し、死なせてしまう。あわてた主人はお文の遺体を土蔵に隠し、知らぬふりをしていた。お文の両親が行願寺で通夜を営んでいたところ、彼女の幽霊が現れ、事の次第を語ったので、真相が明らかになり、質屋の主人は捕らえられたというものである。絵馬にはお文の遺愛の手鏡がはめこまれている。

御詠歌編集

花を見て
いまは望みも
革堂の
庭の千草も
盛りなるらん

札所編集

西国三十三所
18 六角堂頂法寺 -- 19 革堂行願寺 -- 20 善峯寺
洛陽三十三所観音霊場
3 護浄院 -- 4 革堂行願寺 -- 5真如堂新長谷寺
神仏霊場巡拝の道
113 平安神宮 -- 114 革堂行願寺 -- 115青蓮院
都七福神(寿老人)

所在地編集

京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町

交通アクセス編集

参考文献編集

  • 竹村俊則『昭和京都名所図会5 洛中』、駸々堂、1984
  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』

関連項目編集

外部リンク編集