メインメニューを開く

衣浦臨海鉄道半田線

日本の愛知県半田市を結ぶ衣浦臨海鉄道の鉄道路線

半田線(はんだせん)は、愛知県半田市東成岩駅から同市の半田埠頭駅までを結ぶ衣浦臨海鉄道鉄道路線である。

半田線
半田埠頭駅
半田埠頭駅
概要
起終点 起点:東成岩駅
終点:半田埠頭駅
駅数 2駅
運営
開業 1975年11月15日 (1975-11-15)
所有者 衣浦臨海鉄道
路線諸元
路線総延長 3.4 km (2.1 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
運行速度 最高45 km/h (28 mph)[1]
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
武豊線
BHFq ABZq+r
0.0 東成岩駅
eDST
1.6 新半田駅
eABZgl
日本通運専用線
KDSTe
3.4 半田埠頭駅

衣浦湾沿岸の工場への原材料、製品を輸送することを目的に敷設された。その後、社会情勢の変化や鉄道貨物輸送の衰退に伴い輸送量は減少し、現在はコンテナのみを輸送している。

なお、当路線の開業により、東成岩駅周辺の専用線が一部付け替えられた。

比較的新しい路線であるため半田線内の踏切は3か所のみである。

路線データ編集

歴史編集

駅一覧編集

括弧内は起点からの営業キロ。

東成岩駅 (0.0km) - 半田埠頭駅 (3.4km)

運行形態編集

1日1往復、全線を通して高速貨物列車が運行されているのみである。列車は武豊線東海道本線に乗り入れ、名古屋貨物ターミナル駅との間に運行されている。東成岩駅の配線の関係上、同駅でスイッチバック機回し)を行う。

かつては、これに加えて専用貨物列車1往復も運行されていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』 - ネコ・パブリッシング

関連項目編集