袴谷 憲昭(はかまや のりあき、1943年12月25日 - )は、日本仏教学者。元駒澤大学教授。インド仏教チベット仏教を専攻[1][2]

来歴編集

北海道出身。北海道根室高等学校卒、1966年駒澤大学仏教学部卒。1972年東京大学大学院印度哲学博士課程満期退学、駒澤大学仏教学部助手、75年講師、79年助教授、85年教授。94-2006年駒沢短期大学教授。1981-82年ウィスコンシン大学客員教授も務めた。2011年依願退職。

1980年「阿毘達磨倶舎論索引」(共同研究)で日本学士院賞受賞。

中沢新一天皇制原発などの批判者である[3]

受賞編集

  • 1978年 日本印度学仏教学会賞[4]
  • 1980年 日本学士院賞「阿毘達磨倶舎論索引」(共同研究)

著書編集

  • 批判仏教』大蔵出版 1990
  • 本覚思想批判』大蔵出版 1990
  • 道元と仏教 十二巻本『正法眼蔵』の道元』大蔵出版 1992
  • 唯識の解釈学 『解深密経』を読む』春秋社 1994
  • 法然明恵 日本仏教思想史序説』大蔵出版 1998
  • 『唯識思想論考』大蔵出版 2001
  • 『仏教教団史論』大蔵出版 2002
  • 『仏教入門』大蔵出版 2004
  • 『日本仏教文化史』大蔵出版 2005
  • 『唯識文献研究』大蔵出版 2008
  • 『仏教文献研究』大蔵出版 2013

共著など編集

論文編集

出典編集

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 略歴業績及び退職の辞 (袴谷憲昭教授退任記念號) 袴谷憲昭 駒沢大学仏教学部論集 2011-10
  3. ^ 「退職の辞」参照
  4. ^ 1978年 日本印度学仏教学会賞~日本印度学仏教学会