(あわせ)とは、裏地のある長着のこと。これに対して裏地のないものは(ひとえ)と呼ばれる。

袷の長着の例

衣替えの慣例としては10月から5月までの間に着るものだが、ウールなど暖かい素材で作られた単の普及と暖房器具の発達により、真冬のみ着る人もいる。
裏地には平絹やキュプラなど滑りの良い布地が用いられ、胴裏(身頃部分の裏地)、八掛(裾部分の裏地、裾回し)、袖裏に分けられる。八掛と袖裏は着用時にも表から見えるため、表地を引き立てるような色柄の別布が用いられることが多い。

また、「袷の羽織」、「袷の襦袢」も存在する。

室町時代以後の小袖において「袷」とは綿の入らない裏地付きをいい、冬用の綿入の小袖と区別することもあった。

関連項目編集