メインメニューを開く

西堀酒造(にしぼりしゅぞう)は、栃木県小山市大字栗宮に本社および工場を置く日本の酒造会社。

西堀酒造 株式会社
Nishibori syuzo co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
323-0000
栃木県小山市大字栗宮1452番地
設立 1872年(明治5年)
業種 食料品
法人番号 9060001014588
事業内容 酒造業
代表者 代表取締役社長 西堀 和男
外部リンク http://nishiborisyuzo.com/
特記事項:仕込蔵、瓶詰場、長屋門など4件が国の登録有形文化財(建造物)に登録される
テンプレートを表示

概要編集

幕末から明治維新期に、滋賀県近江出身の、西堀家10代目・西堀源治郎(三左衛門)が、現在の酒蔵を譲り受け、1872年(明治5年)、初代・西堀三左衛門が酒造業を始めた。現在、5代目当主・西堀和男が、「若盛(わかさかり)」、「門外不出(もんがいふしゅつ)」ブランドの日本酒を醸造販売する老舗酒造メーカーである[1]

沿革編集

  • 年代不詳(江戸末期) - 現在の酒蔵は、この時期に建てられた。
  • 年代不詳(幕末 - 明治維新期) - 滋賀県東近江町近江出身の、西堀家の10代目・西堀源治郎が、日光連山より湧き出す天然水に魅せられ、現在の酒蔵を譲り受けた[2]
  • 1872年(明治5年) - 初代・西堀三左衛門が創業。
  • 1995年(平成7年) - 酒蔵を改造し「前蔵アンテナショップ」を開く。
  • 年代不詳(平成18年頃) - 各種イベントや試飲会の開催、毎年、春(3月)と秋(10月)に「蔵開き」を開催。
  • 2016年(平成28年) - 現在、5代目当主・西堀和男が蔵を継承している[1]

営業情報編集

  • 定休日 - 日曜日・祝日
  • 営業時間 - 午前8時 - 午後5時
  • 蔵見学 - 予約が必要
  • 駐車場 - 有り、大型車両可

文化財編集

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年(平成20年)4月18日、種別:産業2次/建築物(煙突:その他工作物)、登録基準:国土の歴史的景観に寄与しているもの。
西堀酒造仕込蔵
年代:1912年 - 1925年(大正中期)建築、1995年(平成7年)改修、土蔵造平屋建、瓦葺、建築面積239m2[3]
西堀酒造瓶詰場
年代:1912年 - 1925年(大正期)建築、土蔵造2階建、瓦葺、建築面積221m2[4]
西堀酒造煙突
年代:1912年 - 1925年(大正期)建築、煉瓦造、高さ14m[5]
西堀酒造長屋門
年代:1912年 - 1925年(大正期)建築、木造造平屋建、瓦葺、建築面積42m2[6]

受賞歴編集

全国新酒鑑評会

平成14酒造年 - 29酒造年[7]

  • 「若盛」金賞受賞 - 平成16年、17年、18年、20年、27年、令和元年受賞

交通編集

鉄道

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 西堀酒造株式会社 - 「140年以上の歴史」
  2. ^ 「栃木県小山市南部の、旧日光街道(国道4号線)沿いにあり、敷地は約3500坪あり、敷地内にある蔵は江戸末期から大正時代に建てられた」
  3. ^ 西堀酒造仕込蔵 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 西堀酒造瓶詰場 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  5. ^ 西堀酒造煙突 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  6. ^ 西堀酒造長屋門 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  7. ^ 独立行政法人 酒類総合研究所 -「全国新酒鑑評会 入賞酒一覧表」

関連文献編集

  • 小山市教育委員会『小山市文化財調査報告書 第75集』「建造物調査報告書 小山市文書館・若駒酒造・小山家・西堀酒造・岸家住宅」栃木県小山市教育委員会、2009年2月、国立国会図書館蔵書

関連項目編集

外部リンク編集