メインメニューを開く

西山志澄

西山志澄

西山 志澄(にしやま ゆきずみ、天保13年6月6日1842年7月13日) - 明治44年(1911年5月27日)は、幕末土佐藩迅衝隊士日本の明治初期の軍人政治家。幼名直次郎。旧姓・平井、植木。

目次

生涯編集

1842年(天保13年)6月6日、土佐国高知南新町(現在の高知市)にて土佐藩士西山嘉蔵の三男に生まれた。同藩士平井真隆の次女加尾と結婚して平井家へ婿養子にはいるが、1878年(明治11年)3月、妻とともに西山家に復籍した。

文学を市川彬斎徳永千規に、武芸を武市瑞山吉村頼平に致道館に学ぶ。のちに土佐勤王党に参加し、平井収二郎が罪に問われた際は土佐への護送、瑞山の下獄に当たっては藩に免罪を願い出た。

1868年(慶応4年)、板垣退助率いる土佐迅衝隊に加わり戊辰戦争に従軍し、功を立てた。 1870年(明治3年)[西暦年要検証]兵部省に出仕して翌年には御親兵一等士官になるが、1873年(明治6年)征韓論争では辞職する。

1874年(明治7年)大蔵省に出任するも、再び辞職して帰郷する。板垣退助を助けて立志社愛国社、土佐民会の設立に尽力をする。1878年(明治11年)立志社副社長、1880年(明治13年)愛国社の副議長となり、欠席の片岡健吉に代わって国会開設の歎願の議論をまとめた。

1883年(明治16年)土陽新聞社長。1887年(明治20年)言論、出版、集会の自由を建白するため上京するも保安条例によって投獄される。1889年(明治22年)帰郷。1890年(明治23年)自由党幹事となる。翌年同志と自由倶楽部を組織し、1892年(明治25年)2月の第2回衆議院議員総選挙で高知県第三区から出馬し代議士に当選。以後、1893年(明治31年)3月の第5回総選挙まで連続4回当選。また、第9回総選挙補欠選挙で当選し、通算5回の当選を果した。

1898年(明治31年)第1次大隈重信内閣では警視総監を務めた。1911年(明治44年)5月27日没。

親族編集

西山加尾(にしやま かお、天保9年(1838年)- 明治42年(1909年))
妻。土佐藩平井直澄の娘。土佐国土佐郡井口村の出身。安政9年(1859年)前土佐藩主山内容堂の妹・友姫が三条公睦に嫁ぐ際に友姫の御付役として上洛し、以後文久2年(1862年)まで三条家に仕えた。慶応2年(1866年)志澄を婿に迎えて平井家を継がせ、間には一女を儲けた。その後、明治11年(1878年)夫婦で西山姓に復し、後に娘に平井家を再興させている。明治42年(1909年)に72歳で死去した。
なお、加尾は坂本龍馬の初恋の相手であるという説があり、龍馬が加尾に男装用の身支度(または脱藩用意の品)を調達するように指示する文書が残っている[1]。加尾はこれらの品を用意したが、結局この時は龍馬は脱藩を決行せず、翌文久2年(1862年)3月に沢村惣之丞とともに脱藩した。龍馬の脱藩後、兄・収二郎から「龍馬からの相談には迂闊に乗るな」と咎められている[2]
文久3年(1863年)6月に平井収二郎が切腹させられると龍馬は6月29日付の姉・乙女宛ての手紙で「平井収二郎のことは誠にむごい、妹の加尾の嘆きはいかばかりか」と加尾を案じている[3]
山本幸彦
実弟。
平井収二郎
義兄。妻・加尾の兄。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『龍馬の手紙』p56-57
  2. ^ 『平井女史涙痕録』、『龍馬の手紙』p57
  3. ^ (文久3年6月29日付書簡)原文「平井の収二郎ハ誠にむごい いもふとかをなげき、いか計か」『龍馬の手紙』p75-87

参考資料編集

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年