西岡 浩史(にしおか ひろし、1941年9月12日 - )は、兵庫県出身のアマチュア野球選手(一塁手)、実業家。野球選手引退後は東芝グループで要職を務めた。

西岡 浩史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1941-09-12) 1941年9月12日(78歳)
選手情報
ポジション 一塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

芦屋高校では一塁手として活躍。1年上のエース藤悟郎(慶大日本石油)を擁し、1958年春の選抜へ出場。1回戦で宇都宮工に敗退[1]。同年夏の甲子園県予選は準々決勝で兵庫工に敗れる。翌1959年春の選抜に連続出場。1回戦で三浦和美のいた広陵高を降すが、2回戦で浪華商に敗れる[1]。同年夏は県予選準々決勝で滝川高に敗退、甲子園には届かなかった。高校同期には安藤敏雄広瀬幸司のバッテリーがいた。

卒業後は慶應義塾大学へ進学し、東京六大学野球リーグでは1962年秋季リーグ、1963年春季リーグに優勝。1年下のエース渡辺泰輔を擁し、1963年全日本大学野球選手権大会でも決勝で駒大を破り優勝している。同年秋季リーグでは打率.352で首位打者となる[2]リーグ通算72試合に出場、234打数76安打、1本塁打、31打点、打率.325。ベストナイン(一塁手)に3回選出。大学同期には遊撃手石黒和弘外野手北川公一がいる。[要出典]

1964年に慶應義塾大学文学部を卒業して東京芝浦電気(現・東芝)に入社する[3]。同社の硬式野球部に所属し、同年から3年連続で社会人野球都市対抗野球大会に出場[2]。その後は現役を引退し社業に専念する。1998年に東芝常務、2000年東芝エレベータ代表取締役社長[3]2004年に東芝顧問となる。2007年から[要出典]川崎商工会議所会頭を務め、2010年に退任した[4]

脚注編集

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「JABA NEWS 2016年第5号」JABAクラブ・毎日新聞社 2016年5月
  3. ^ a b 昇降機事業新会社の概要および社長人事について」東芝 2000年11月
  4. ^ “川崎商工会議所の新会頭に山田氏就任「温故知新の発想で」/川崎”. 神奈川新聞. (2010年11月12日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-142151.html 2020年4月25日閲覧。 

関連項目編集