メインメニューを開く

西村 欣也(にしむら きんや、1956年3月[1] - )は、日本のスポーツ記者。元朝日新聞社編集委員大阪府出身。早稲田大学法学部出身。

略歴編集

大学卒業後報知新聞社に入社。1980年より読売ジャイアンツ番記者となり、主に当時ジャイアンツのエースピッチャーだった江川卓を担当する[2]。その関係で江川とは懇意の仲となり、江川が引退後に出版した自叙伝「たかが江川されど江川」では共著者を務めている。ただし、いわゆる江川事件(空白の一日事件)については当時から一貫して批判的な立場で、特に江川が法学部出身であることから「法律を学んだものなら『空白の一日』なんて存在しないことは容易にわかったはずだ」と本人に直言している[3]

1990年に朝日新聞社に移る。1997年より運動部編集委員、1999年より編集局特別編集委員[4]。同紙スポーツ面に署名入りエッセイ記事「EYE 西村欣也」を長年にわたり執筆している。定年により2016年2月27日でコラム終了。

主にプロ野球を専門としている。特に、2004年のプロ野球再編問題では再編反対の論陣を張り、注目を集めた。読売ジャイアンツオーナー(当時)の渡邉恒雄に質問し、「たかが選手が」と返されて注目された。(最も西村の質問である「明日、選手会と代表レベルの意見交換会があるんですけれども、古田選手会長が代表レベルだと話にならないんで、できれば、オーナー陣といずれ会いたいと(言っている)」といった内容は後日古田敦也に発言自体を全面否定されており、捏造を元にした取材であった可能性も指摘されている)

2016年3月30日のテレビ朝日、ニュース番組「報道ステーション」で、プロ野球・読売巨人軍の選手が公式戦の試合前の円陣で行なう「声出し」に絡んで、選手間で現金のやり取りが行われていた問題について、「第三者委員会では限界があるんで司直の手に委ねるしかないのに、なぜそれをコミッショナーがしないかというと、読売グループの巨大な力を持っている方が圧力をかけている」とコメント。しかし、巨人は野球賭博問題が発覚した2015年10月、警視庁に相談し捜査を進めてもらっており、巨人は「西村氏のコメントは公知の事実を歪曲しているだけなく、何ら根拠のない発言」と抗議。番組では後日、「確認の取材も別途していませんでした」と謝罪した。

著書編集

  • 『たかが江川されど江川』(新潮社、1988年)※江川卓、玉置肇永瀬郷太郎と共著
  • 『朝日新聞が伝えたプロ野球』(小学館文庫、1999年) ISBN 4094167412
  • 『神の領域を覗いたアスリート』(朝日新聞出版、2007年) ISBN 978-4022731296
  • 『EYE 西村欣也』シリーズ (朝日新聞社電子書籍
    • 1 プロ野球 海渡 メジャーへ
    • 2 プロ野球 再編 カウントダウン

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「たかが江川されど江川」(新潮文庫版、以下同じ)p.209
  2. ^ 「たかが江川されど江川」p.210
  3. ^ 「たかが江川されど江川」pp.210 - 214
  4. ^ 神の領域を覗いたアスリート - HMV