報道ステーション』(ほうどうステーション)は、テレビ朝日キーステーションANN系列で放送されている報道番組

報道ステーション
ジャンル 報道番組
出演者 富川悠太
徳永有美
ほか
プロデューサー 東卓夫
制作 テレビ朝日ANN
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2004年4月5日 - 現在
放送時間 平日 21:54 - 23:10
放送枠 テレビ朝日系列深夜ニュース枠
放送分 76分
公式ウェブサイト

特記事項:
2018年10月から2019年9月までの月曜 - 木曜は、23:15までの放送。
テンプレートを表示

放送開始は2004年4月5日で、平日元日を除く祝日も含む)の22時台に毎日放送されている。第1回からハイビジョンで放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年12月4日から番組に連動させたデータ放送を開始した。ステレオ放送

番組タイトルロゴ及び番組上の表記は『報道STATION』。番組の略称は、『報ステ』(ほうすて)。番組のキャッチフレーズは、『今日、何があったか』。

概要

久米宏がメインキャスターを務めた『ニュースステーション』(以下、Nステ)の実質的な後継番組として、2004年4月5日より放送が始まる。

基本的な放送時間は平日月曜日金曜日)の21:54 - 23:10(JST)だが、スポーツ中継などで放送時間が度々変動し、フレキシブルな対応をとっている。また、災害大事件が発生した場合は報道特番扱いで放送が拡大(1時間程度の前倒しや終了時間の延長)する事もある。

『Nステ』の報道バラエティー的な制作手法を受け継いでおり、ザテレビジョンなどのテレビ番組情報誌の番組欄には番組内容を「総合ニュースエンターテイメント」と紹介している(2007年10月時点)。スタジオはテレビ朝日社屋の第4スタジオを使用しているが、スポーツコーナーで他のスタジオを使用することがある。災害大事件などで緊急特番となる場合は通常の『ANNニュース』などで使用するニュースルームにあるNスタジオから放送する事もある(2004年4月8日は実験的にオープニングCGなしにニュースルームから放送している[1])。年末年始は放送が休止され、代替として20:54 - 21:00と23:00頃からの10 - 15分間に『ANNニュース』が放送される。第1回からステレオ放送

競合関係にあった『NHKニュース10』(NHK総合)が2006年3月31日をもって終了して以降、日本の地上波の放送局で唯一の平日22時台のニュース番組となった(NHK総合はその後2006年4月3日より『ニュースウオッチ9』として夜9時台に移動)。

開始当初の視聴率は思わしくなかったが、2010年秋改編後の当番組の週平均視聴率は12%程度で推移している[2]。特に関西地区では前番組の『Nステ』同様の高視聴率を獲得している。なお、他系列とのクロスネット局である福井放送テレビ宮崎は編成上の理由(両局のニュース最終版はNNNの『NEWS ZERO』を放送)から放送していない(両局は取材のみこの番組に関わっている)。

現在の出演者

キャスター

メインキャスター
  • 富川悠太(月〜木曜)- 2004年の番組開始時からはフィールドキャスターとして,2016年4月からはメインキャスターとして出演。2018年9月28日までは,金曜日も出演していた。
  • 徳永有美(月〜木曜)- 2018年10月から出演。
  • 小木逸平(金曜)- 2018年10月から出演。
  • 森川夕貴(金曜)- 2016年4月から出演し,2019年10月からメインキャスターとして出演。2018年9月までは,気象キャスターとして出演していた。
ニュースキャスター
気象キャスター
スポーツキャスター
  • 清水俊輔(月〜木曜)- 2019年10月から出演。
  • 寺川綾(金曜)- 2016年4月から出演。
フィールドキャスター

解説者・コメンテーター

レギュラーコメンテーター
気象解説者

気象キャスターの喜田が担当。

スポーツ解説者 ※不定期出演

ナレーター

ニュースナレーター
特集ナレーター
スポーツナレーター

主に週の前半(月〜水曜)は泉、週後半(木・金曜)は林田が担当する機会が多い。その他、プロ野球関連のニュースは、関東地方以外で開催された試合については『Nステ』同様北海道テレビ日本ハム)、名古屋テレビ中日)、朝日放送テレビ阪神オリックス)などのホーム主催側の地方局の男性アナウンサーがナレーションを担当する。

歴代出演者

メインキャスター・サブキャスター・レギュラーコメンテーター

期間 メイン
(男性)
女性サブ

女性メイン
コメンテーター
月 - 木曜日 金曜日 月 - 木曜日 金曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
2004.04.05 2008.10.03 古舘伊知郎 河野明子1 加藤千洋 (ゲスト)2
2008.10.06 2009.03.31 一色清
2009.04.01 2011.04.01 市川寛子
2011.04.04 2012.03.30 小川彩佳 五十嵐浩司3 三浦俊章
2012.04.02 2013.03.29 三浦俊章
2013.04.01 2015.03.27 恵村順一郎
2015.03.30 2015.12.23 木村草太 立野純二 中島岳志3 ショーン・
マクアードル
川上
2016.01.04 2016.03.11 中島岳志 ショーン・
マクアードル
川上4
木村草太
2016.03.14 2016.03.31 (不在)
2016.04.11 2018.09.28 富川悠太 後藤謙次5・6
2018.10.01 2019.09.27 富川悠太 小木逸平 徳永有美 竹内由恵 野村修也
2019.09.30 現在 森川夕貴
  • メインとサブは、古舘・徳永以外は出演当時の者を含めて全員テレビ朝日アナウンサー。
  • 2015年3月以前のレギュラーコメンテーターと立野は全員、出演当時朝日新聞所属。
  • 女性キャスターの肩書きは2018年9月まではサブキャスター、2018年10月からはメインキャスター。
  • 1 前番組『ニュースステーション』スポーツキャスターから続投。
  • 2 週替わりで出演。レギュラーコメンテーター不在時にも随時出演(「#その他の出演者」の項を参照)。
  • 3 レギュラー出演以前は金曜日にゲストとして出演。
  • 4 ショーンの降板については後述
  • 5 レギュラー出演以前は不定期で出演。
  • 6 日曜版及び後身番組『サンデーステーション』にも引き続き出演。
  • 2015年3月までは月曜から木曜まで朝日新聞社所属の編集委員・論説委員が主に務めていたが、2015年4月からは日替わり制となり、立野以外は全員朝日新聞所属以外の文化人になった。2016年4月11日からは日曜版でコメンテーターをしている後藤に統一された。後藤は政治ジャーナリストだが共同通信社出身の為、前番組『Nステ』から続いていた朝日新聞所属の編集委員・論説委員の出演はほぼ無くなった。
  • 第1期を含め、月曜から木曜はコメンテーターが曜日毎に固定されていたが、レギュラー出演のコメンテーターが出演しない金曜は2018年9月までは週替わりでゲストコメンテーターが出演していたが、2018年10月からは金曜もコメンテーターを固定化し、『サンデーLIVE!!』で小木と共演、コメンテーターをしている野村が起用され、週替わりでのゲストコメンテーターは廃止された。
  • 従来は(『Nステ』時代を含む)男性メインキャスターのサポート役となる女性キャスターは、肩書は「サブキャスター」でメインキャスターより年下であった。2018年10月1日からは月曜から木曜は徳永、金曜は竹内由になり、肩書も「サブキャスター」から「メインキャスター」に変更された。徳永は富川より1期先輩なおかつ年上であることから、『Nステ』時代を含め、番組初となる男性メインキャスターより年上の女性キャスターが誕生することとなった。また『Nステ』時代を含め、番組のメインとなる男性メインキャスターが2人かつ月曜から木曜と金曜で異なるのも初めてとなり、従前のキャスター編成の既成概念を覆す格好となった。

スポーツ・気象・ニュースキャスター

期間 スポーツ 気象情報 ニュース
月 - 水曜日 木曜日 金曜日
2004.04.05 2005.04.01 武内絵美1 徳永有美1 市川寛子 (なし)
2005.04.04 2009.03.31 武内絵美
2009.04.01 2011.08.12 宇賀なつみ
2011.08.15 2014.03.28 宇賀なつみ 青山愛
2014.03.31 2016.03.31 青山愛 林美沙希
2016.04.11 2017.09.29 寺川俊平2 寺川綾3 森川夕貴 喜田勝
2017.10.02 2018.01.31 森川夕貴4
三谷紬5
2018.02.01 2018.05.31 寺川俊平
2018.06.01 2018.09.28 寺川俊平 寺川綾
2018.10.01 2019.03.29 竹内由恵 三谷紬 森川夕貴6
2019.04.01 2019.09.27 下村彩里5
2019.09.30 現在 清水俊輔 (なし)
  • 寺川綾・喜田以外は出演当時の者を含めて全員テレビ朝日アナウンサー。
  • 1 武内の『スーパーJチャンネル』との兼ね合いによる。
  • 2 金曜日の出演の場合あり。
  • 3 2017年4月から月〜木曜の出演の場合あり。
  • 4 2017年10月から月〜木曜の出演。
  • 5 金曜日のみの出演。2019年10月から下村は月〜木曜日の出演に変更。
  • 6 ニュースコーナーを担当。

解説者・コメンテーター・ナレーター

ゲストコメンテーター
スポーツ解説者
フィールドキャスター

※長野以外は全員テレビ朝日アナウンサー。

  • 角澤照治(2004年4月5日 - 2009年9月25日) - 『Nステ』スポーツキャスターから続投。古舘・河野(時には武内も)の取材、休暇などによる不在時にはキャスター代理を担当、通常は特集企画やスポーツ(特にサッカー)関連の取材時のみ出演。
  • 長野智子(2004年4月 - 2011年9月) - 特別リポーター
  • 山口豊(2006年夏 - 2016年3月31日)
  • 武内絵美(2013年7月 - 2017年3月)
  • 八木麻紗子(2017年4月 - 2019年3月)
  • 平石直之(2016年4月 - 2019年3月)
気象解説者 ※全て気象予報士
ニュースナレーター
スポーツナレーター ※出演当時の者を含めて全員テレビ朝日アナウンサー
  • 武内絵美(2004年4月〜2011年8月)
  • 宇賀なつみ(2011年8月〜2014年3月)
  • 青山愛(2014年4月〜2016年3月)
  • 寺川俊平(2016年4月〜2018年9月)
  • 竹内由恵(2018年10月〜2019年10月)

主なコーナー

報道STATION SPORTS
  • スポーツキャスターが伝える。不定期で解説者も出演する。
  • 放送開始当初のタイトルは「SPORTS STATION」であったが、キャスター表示のテロップの装飾は「報道STATION SPORTS」であった。2011年4月のリニューアルからはコーナーのタイトルロゴも「報道STATION SPORTS」となった。
  • 松岡特集
気象情報
  • 基本的にスタジオから伝える。稀に毛利庭園やテレビ朝日社内の屋上など外から中継で伝える場合がある。
ニュースフラッシュ
  • その他のニュースを1項目30秒程度で短く伝える。
金曜特集

企画・シリーズ

理不尽
  • 長野智子のリポート企画。世界中の「理不尽」な事件・出来事を現地取材する。
さよなら…
  • 原則として2か月に1回亡くなった著名人を追悼する特集企画。周囲や生前の本人のインタビューを交えた独自編集の追悼映像を流し、最後にスタジオ陣がコメントする。ナレーションは当初は女優夏川結衣2007年2月22日の“2006年11・12月に亡くなった人”編からは同じく女優の木村多江が、同年9月20日の“2007年5・6月に亡くなった人”編から現在は女優戸田菜穂がそれぞれ務めた。
シリーズ 感動絶景!
  • モーターパラグライダーを操縦しながら撮影する飛行撮影家矢野健夫超低空カメラで撮影した映像を届けるコーナー。ナビゲーターは市川寛子。このため、通常市川が担当している天気予報とセットで行われる事が多い。但し、2006年6月23日は天気予報が先に伝えられたため、撮影された映像をバックに天気を伝えるという事はなされなかった。また、同年12月19日には矢野本人がスタジオに生出演している。
The Interview(ジ・インタビュー)
  • 2004年にオノ・ヨーコ五木寛之の2人に行った。古舘が著名人と1対1で対談する企画である。最後に古舘から白い表紙の本を渡され、「今後本(自叙伝)を出版する際、どんなタイトルを付けますか?」というのがお決まり。ナレーションはアニマル浜口(前番組『Nステ』の「最後の晩餐」と趣旨がよく類似している)。
全国!職業別意見帳
  • 2009年8月10日、第45回衆議院議員総選挙を控え、有権者を職業別にインタビューするシリーズ企画として「豆腐屋さん編」から放送開始[7]。選挙後も継続して放送している。
避難所で聞く
戦争の話を聞かせてください
復活!日本の成長力
原発 わたしはこう思う
復興を見つめて

出来事

2004年

  • 4月5日:古舘が一礼の後に「申し訳ありません。スポーツ・バラエティーとやってきたんで、ニュースキャスターじゃありません。これからニュースキャスターになります」という一言を発して番組がスタートした。12日までの最初の1週間は、『Nステ』の貨物船の船底をイメージしたセットの解体に時間がかかり、セットの建て込みが間に合わなかったため、テレビ朝日1Fアトリウム内に仮設のセットを用意して対応した(8日は、放送直前に『イラク日本人人質事件』が発生したため、『ANNニュース』などで使用するニュースルームからの放送)。初回の視聴率は14.6%(関東地区)だった。
  • 4月13日:第4スタジオにスタジオセットが完成し、初のスタジオセットからの生放送となる(なお、仮設セット時に使用していたブーメランテーブルと椅子はそのまま4スタのスタジオセットに移設した)。
  • 11月3日:特別番組『テスト・ザ・ネイション』からCMに入らず放送開始(ステーションブレイクレス編成)。また、前番組の司会を古舘が務めたため、古舘はこの日、4時間以上の生放送出演となった。また、この日は通常の第4スタジオではなく、『テスト・ザ・ネイション』のスタジオからそのまま放送した。

2005年

  • 3月末:テレビ朝日社長・広瀬道貞(当時)より番組に対し「社長賞」が送られる。広瀬の評価は「満点への余地を残さないと」という事で85点、古舘の評価は「まだまだできてない事が多い」という事で65点だった。
  • 3月27日:古舘が『報ステ』開始後も引き続き担当していた日本テレビの『おしゃれカンケイ』が放送終了。
  • 4月1日:木-金曜日の「SPORTS STATION」を担当した徳永有美が同月8日で退社のため番組を降板。これに伴い、武内が同日をもって『スーパーJチャンネル』サブキャスターを降板し、同月4日放送分からは全曜日を担当する。
  • 4月13日:『スーパーベースボール』阪神-巨人・2回戦』編成で30分繰り上げて21時24分に番組がスタート。試合が放送時間内に収まらず、番組内で試合終了まで放送された。
  • 4月16日:古舘が『SmaSTATION-4』に今年2度目の出演。内容は世界のニュースキャスター特集だった。
  • 4月25日:この日に発生したJR西日本・福知山線の脱線事故の報道で視聴率21.0%を記録し、この年で2回目の20%を超えた。
  • 5月4日:事故当日JR西日本の社員がボウリング大会を行った事をいち早く報道した。情報をキャッチしたマスコミ各社がその事について追及して、JR西日本の垣内剛社長(当時)がその日の深夜に会見を行う事態が起こった。翌5日の放送ではJR西日本幹部に罵声を浴びせる読売新聞社の記者を大写しにし、この記者が批判を受ける事になった。
  • 5月2日東京ドームのグラウンド中央に巨大こたつを置き、「巨人危機、巨人を救え」と題した座談会を放送。
  • 6月8日タイバンコクで行われたW杯アジア地区最終予選「日本vs北朝鮮」の中継終了後、CMを挟まず21:38から放送開始。この回の視聴率は27.5%と2月9日を0.2%上回り、番組最高値を記録した(ビデオリサーチ・関東地区調べ)
  • 8月8日:衆議院が解散したのを受け(郵政解散)、『ビートたけしのTVタックル』を中止してANN報道特別番組「衆議院解散 総選挙へ」として20:54から放送。
  • 12月20日HondaASIMOが「ゲスト出演」(名前テロップも表示)した。テレビ朝日社屋内の廊下を走り、さらにダンスも披露した。Hondaが当番組のスポンサー(但し提供クレジットはNステ時代から自粛)である事から出演が実現した。年内の通常放送の最終日。
  • 12月28日:20:54(ANN系列局は21:00)から約2時間半の年末スペシャルを放送。通常のニュース・天気予報(天気はお台場パレットタウンにある大観覧車からの中継)に加え、2005年のニュースの主役たちに「古舘が聞く!」というコンセプトの討論企画を放送した(この日はセットの一部として2005年のニュースの主役たちの人形及びディープインパクトを模した馬の模型が置かれていた)。対談相手として、(1)自民党武部勤幹事長と小泉チルドレン20人、(2)読売新聞グループ本社会長・主筆渡邊恒雄、(3)生出演したオリックス・バファローズ清原和博と古舘が対談した。

2006年

2007年

  • 2月12日:特別番組『テスト・ザ・ネイション』放送に伴い22時24分からのスタート。この特別番組は古舘が司会を務めた。
  • 3月15日4月8日に投票される東京都知事選挙の立候補者がこの番組でテレビ初の生討論を行った。
  • 4月5日:古舘による冒頭の挨拶が復活する。
  • 7月16日:サッカーアジアカップ2007「日本vsベトナム」戦放送のため、当初30分繰り下げの22時24分からのスタート予定だったが、同日午前に発生した平成19年(2007年)新潟県中越沖地震に伴い、同じくこの日30分繰り下げで放送予定だった『ビートたけしのTVタックル』を中止し、「報道特別番組 新潟・長野で震度6強」として21:30から前倒して放送。
  • 9月12日:サッカー北京五輪アジア地区最終予選「日本vsカタール」戦放送のため、当初30分繰り下げの22時24分からのスタート予定だったが、同日安倍晋三総理が辞任表明をした事に伴い、同じくこの日30分繰り下げで放送予定だったドラマ『さくら署の女たち』の最終回を中止し、「ANN報道特別番組 安倍総理辞任表明」として21:30から前倒して放送(『さくら署の女たち』最終回は関東地区では翌13日13:59 - 14:55に振替放送を行った。その他の地区でも後日振替放送を行っている)。
  • 9月13日:安倍総理辞任の事態を受け、古舘が夏休みを早々に切り上げてこの日より出演を再開した。
  • 9月14日:自民党総裁選告示を受け、立候補を表明した麻生太郎幹事長と福田康夫元官房長官が生出演し、古舘らを交えて生討論を行った。
  • 12月25日:2007年の最終放送(通常放送)。

2008年

  • 5月6日:特別番組『テスト・ザ・ネイション』からCMに入らず放送開始。2004年と異なり、『テスト・ザ・ネイション』のスタジオからではなく、通常の第4スタジオから放送した。
  • 5月25日:同月12日に発生した、四川大地震の甚大な被害を受け、報道ステーションベースでの報道特別番組「四川大地震」を18時56分〜20時51分まで放送。キャスターは古舘と『スーパーモーニング』を担当する赤江珠緒が務めた。
  • 7月7日:「報道ステーション」の番組スタッフを務めていた東京都内のテレビ番組制作会社社員2名が、社内で大麻を譲り渡していたとして、大麻取締法違反警視庁に逮捕された。番組では8月14日にこの事件を報道したが、「報ステ」のスタッフであることについては一切触れなかった。
  • 9月1日:福田康夫首相の辞任会見で「ビートたけしのTVタックル」を21:30頃で中止、そのまま報道特番として前倒しして放送。一部地域では冒頭の音声が放送されないトラブルが発生した。
  • 10月2日:番組開始からコメンテーターを務めてきた加藤千洋が降板。翌週の6日から2代目コメンテーターとして一色清が登板。

2009年

  • 1月21日:スポーツコーナーで、大の阪神タイガースファンである加藤千洋が2008年10月2日の番組降板以降久しぶりにテレビに登場し、阪神の下柳剛自主トレーニング風景をレポートした。レポートの最後に下柳と二人で釣りをしながら語り合うシーンも見せスタジオを和ませた。
  • 1月30日テレビ朝日の開局50周年番組である50時間テレビの初日の番組である『ミュージックステーションスペシャル』のオープニングに古舘が『Mステ』のスタジオに生出演した。また、エンディングでも古舘が『報ステ』のスタジオから生出演している。
    • この間、『報ステ』では50周年記念にちなんだ特集を毎日放送していた。
  • 3月31日:番組開始からサブキャスターを(『Nステ』のスポーツキャスター時代からを含めると約6年8ヶ月)務めてきた河野明子が退社のため番組を降板、同日をもってテレビ朝日を退社。翌4月1日から市川が2代目サブキャスターに就任し、後任の天気キャスターに宇賀なつみを起用。宇賀は入社早々のTVデビューとなった。
  • 4月6日:番組開始5周年を迎える。
  • 6月4日:天気予報で伊能忠敬が製作した日本地図をベースにした地図で予報を行った。また、この日のBGMは「遠くへ行きたい」のインストゥルメントであった。
  • 6月9日マカオにて北朝鮮金正日総書記の長男の金正男と公園内で単独独占インタビューを行い、後継者問題や政治や親子関係について公の前で久しぶりに語った。金正男はラフな姿で英語で気軽に対話し、最後は笑顔で立ち去った。
  • 6月26日歌手マイケル・ジャクソンがこの日急逝したため、追悼の意を込めてオープニング曲をマイケルの代表曲「スリラー」に差し替えて放送した。本来のオープニング曲「Open Mind」が別の楽曲に差し替えられたのは初めて。

2010年

  • 5月21日:古舘が沖縄の米軍海兵隊施設を上空から捉えた取材を放送。5月30日には東シナ海上空の模様を放送。
  • 6月2日:同日朝に鳩山由紀夫首相が、また小沢一郎幹事長が共に辞任を表明したことに伴い、急遽放送時間を10分拡大し23:20まで放送。開始から35分ほどはスポンサー・CMなしで放送されていた。
  • 11月22日 - 11月26日:宇賀が天気予報と兼ねて京都の様々な名所から紅葉中継を5夜連続で放送。11月26日は古舘・市川・宇賀の3人で京都永観堂から生放送。スペシャルゲストとして安藤忠雄を迎えてインタビュー。また、古舘が1999年の大晦日から2000年の年明けに永観堂で行った年越しトークライブの映像も放送された。さらに天気コーナーでは市川と宇賀が2人で天気予報を伝えていた。武内はニュースフラッシュ・スポーツ・エンディングの最新ニュース(参議院本会議での仙谷由人官房長官と馬渕澄夫国土交通大臣の問責決議案)をニュースルームから伝えた。

2011年

  • 1月5日菅直人内閣総理大臣が生出演。視聴率は6.9%と通常より大きく落ち込んだ[8]
  • 1月17日AFCアジアカップ2011グループリーグ「日本対サウジアラビア」放送のため休止。
  • 1月21日1月25日:AFCアジアカップ2011準々決勝「日本対カタール」、および準決勝「日本対韓国」放送のためそれぞれ22:20までの短縮放送。22:10以降は現地からのレポートが主で、そのままCMを挟まず中継番組に移行する形態をとった。
  • 3月11日:同日午後に発生した東北・関東地方の大地震に伴い(平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震)、通常番組をすべて中止し、報道特番扱いで『スーパーJチャンネル』からリレーする形で19:00から0:15まで放送。最初はスタジオからであったが、途中からニュースルームに移動して放送した。ナレーションはしばらくの間『Jチャンネル』のものを引き続き使用していた。報道特番はその後も24時間体制で放送を続けた。
    • 12日(土曜日)・13日(日曜日)は21時から午前0時まで『報ステ』メンバー(古舘・市川とコメンテーター数名)で放送。なお、速報時などのテロップが流れるバックの色は通常は青色だが、この間は『報ステ』のもの(紫色で中継時に古舘と会話するときに使用されている)を使用した。以降、連日で全編地震・福島第一原発関連ニュースと被災地の状況などを伝え続けている。
    • 14日はスタジオからの放送で『報ステ』として放送、放送時間は20:54から23:10。13日と14日は画面左上に時刻表示のテロップを表示した。
    • 15日以降は通常の時間帯で放送。放送中に静岡で震度6強の地震の第一報が入り、スタジオも揺れを感じていた。この影響で23:10から報道特番を放送したが、古舘らは担当せず。
    • 17日は冒頭で茨城沖で地震があり、その第一報が入ったのとほぼ同時にスタジオも多少の揺れを感じた。17日からは被災地の避難所にいる避難者へのインタビュー映像も放送している。
    • 28日からはほぼ通常のタイムテーブルに戻っていったが、地震・福島第一原発関連ニュースと被災地の状況などが連日ほとんどである。
  • 3月21日 - 3月25日:2代目のスタジオセット改装工事に伴い、ニュースルームから放送。
    • 3月28日 - 4月1日:テレビ朝日1階アトリウム内にブーメランテーブルと椅子・初代セットの柱を第4スタジオから移設した仮設セットで対応。番組開始当初に近い形での放送となった。
  • 3月31日4月1日:3月31日で2008年10月6日からコメンテーターを務めてきた一色清が降板し、翌4月1日で番組開始から天気キャスター→サブキャスターを(7年にわたって)務めてきた市川寛子が『スーパーJチャンネル』(週末版)へ異動のため降板。
  • 4月4日:2代目のスタジオセットが登場。3代目サブキャスターとして小川彩佳が、3代目コメンテーターとして五十嵐浩司・三浦俊章がそれぞれ登板。
  • 6月13日:古舘と小川が被災地の宮城県気仙沼市から中継で放送。古舘が気仙沼市の漁港の取材と漁師たちへのインタビューを交えた模様を、小川が石巻市立女子高校とその周辺でのボランティア活動に参加した模様(こちらは「避難所で聞く」内で放送)をそれぞれ放送。途中から松岡修造も参加し、松岡がラグビーの町である釜石市の復興への第一歩を取材した模様も放送した。
  • 6月21日:古舘が福島第一原発の計画的避難区域である福島県飯舘村の役場から中継で放送。ゲストとして飯舘村村長・菅野典雄を迎えて役場内でインタビュー。
  • 8月12日:番組開始から7年4ヶ月にわたってスポーツキャスターを務めてきた武内絵美が産休のため番組を降板(この週は小川が休暇のためサブキャスターも兼務していた)。翌週の8月15日から宇賀なつみが2代目スポーツキャスターに、3代目天気キャスターに青山愛がそれぞれ就任。
  • 8月25日26日民主党代表選挙に出馬を表明した前原誠司前外務大臣(25日)と鹿野道彦農林水産大臣・馬渕澄夫前国土交通大臣(いずれも26日)が生出演。

2015年

  • 12月23日:この年の最終放送。この日の放送で古舘伊知郎が降板することを発表した。

2016年

2018年

  • 6月12日:米朝首脳会談の関連報道のため、21:00 - 23:10に拡大した。
  • 9月28日:この日をもって7年半にわたりサブキャスターを務めた小川彩佳アナウンサーが降板した。
  • 10月1日:この日から月曜から木曜の放送時間が5分拡大し、23:15までの放送となった。また、フリーアナウンサーで元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美アナウンサーが月曜~木曜の女性メインに登板した。
  • 10月5日:この日から金曜日は、富川悠太の出演がなくなる。新金曜メインキャスターとして、小木逸平アナウンサーと竹内由恵アナウンサーが就任。

2019年

  • 6月18日:当番組生放送中の22:22ごろに山形県沖地震が発生。このため、後続番組の『ロンドンハーツ』などを休止して、翌0:50まで延長して放送した。
  • 9月27日:この日をもって金曜メインキャスターの竹内由恵が降板した。
  • 9月30日:この日から月曜から木曜の放送時間が5分短縮され、2018年9月以前の放送時間に戻る。また、この日からスポーツキャスターに清水俊輔アナウンサーが就任した。
  • 10月4日:この日から金曜の女性メインに森川夕貴アナウンサーが就任した。

疑惑・誤報などの問題

  • 2004年6月25日一橋大学教授の高山憲之が「年金の鉄人」としてゲスト出演し、年金改革を批判した。この報道に対して自民党より「政治的公平・公正を強く疑われる番組放送があった。選挙期間中であり、多様な意見を番組に反映するなど公平な放送が行われる事を強く望む。」とのコメントが出される。
  • 2005年4月18日深圳での反日デモの映像に「『香港』の反日デモが暴徒化した」と誤ったナレーションを付けて報道した。同月20日に香港特別行政区からの抗議を受け、同日の放送で謝罪した。
  • 2005年5月3日自民党安倍晋三の講演を聴いたアメリカ人女性記者のコメントを、字幕で「安倍氏は最も活力はあるけど、短気な人ですね」として放送したが、これは誤訳であり、「最も活力があって、節度ある人ですね」との内容のコメントを訳す際、「節度の有る」という意味の"temperate"を「短気」という意味の"temper"と間違えるという基本的ミスがあった事が分かり、同月25日の番組内で謝罪した。
  • 2005年6月10日:参議院北朝鮮拉致問題特別委員会での岡田直樹(自民党議員)の質問を、古舘が「無神経な発言」とコメントした事について自民党が訂正と謝罪を要求し、同年7月4日の放送で謝罪した。
  • 2007年11月21日国土交通省が道路整備中期計画案で計上した今後10年の総事業費68兆円の必要性の検証を報道した内容に対して、秋田県にかほ市が「事実をわい曲している」と抗議した。日沿道が開通した同市を取り上げ、今後整備が予定され現在用地買収が進められている区間について「買収がほとんど進んでいない」と伝え、高度医療施設への救急搬送の内容も現状とかけ離れていた。また「私はあんまり乗らないと思う」との市民の声を紹介したが、同市が実施したアンケート結果とは異なっており、「行政が無駄な道路を造る見本のように映像化された」と抗議し、横山忠長市長名で番組宛に抗議の意見書を送付し再取材を求めていた。12月14日に番組担当部長らは同市を訪れ、横山市長に「配慮を欠いた」などと述べた。
  • 2007年12月7日11月27日放送の日本マクドナルドの調理日時の改ざん問題報道にて、すでに退職していた元店長代理の女性を証言者として出演させた際に、番組スタッフがアルバイト用の制服と店長代理バッジを着用させていたことが判明した。放送直後から「元店長代理がバイトの制服を着ているのはおかしい」「モデルチェンジ前のユニホームでは」と偽装ではないかという疑惑が挙がり[10]BPOはこれが過剰演出に当たるとしてテレビ朝日に対して反省を求める意見書を提出した[11]。またこれら過剰演出問題への同番組のその後の対応に関し、BPOとともに一部ウェブサイト上でも批判の声が上がった[12]。テレビ朝日は番組内で古舘が「視聴者に混乱と誤解を与えるもの。間違ったやり方だった。申し訳ない」と謝罪すると共に、広報部が「視聴者に誤解を与えたが、証言そのものは改竄を裏付ける真実だととらえている」と放送の正当性を主張した[13]。なお捏造証言を行った女性は当時女子大生で古舘の所属事務所である古舘プロジェクトでアルバイトをしており、同事務所から内定を得ていた。[14]この問題発覚後は内定取り消しなどの処分は無くそのまま古舘プロジェクトに入社している。[14] このことについては非難の声も上がっている。[14]
  • 2008年4月11日:の六ヶ所村再処理工場に関わる特集で、原子力関連施設の警備に重大な支障を与える映像のほか、敷地内や防護区域を無断で撮影した映像を許可や確認なく放送した。また特集自体の内容も、多くの事実誤認や偏向が見られる、科学的根拠に乏しい、不安を徒に煽っているなどとして、当事者である日本原燃から厳重抗議を受けている。[15][16]
  • 2008年6月3日:自民党役員連絡会前に出席者が談笑している映像を流し、古舘が後期高齢者医療制度についての会議を行っているかのように「よく笑っていられますね。偉い政治家の人たちは」とコメントをした。これについて自民党から「あたかも後期高齢者医療制度の話で自民党役員が笑っているとの誤解を与える報道の仕方である」と批判され、党役員会などの撮影の無期限禁止を番組に通知された[17]。9日、番組内にて古舘は「確かに後期高齢者医療制度について話し合って笑っている映像ではない。そのように受け取られた視聴者の皆様方がいらっしゃるとすれば、それは私の本意ではありません」と述べた上で、「私が発言した意図は『今、国政全般にわたって政治家の人達が笑っていられる局面など何一つない』ということなんだ」と主張した。
  • 2008年7月23日:徳島県の土地改良を巡る横領事件の報道に際して、全国土地改良事業団体連合会の会長を務める衆議院議員野中広務の映像を流した。野中は連合会が事件に関係している誤解を与えるものであり、また自身への名誉毀損・肖像権侵害にあたるとしてBPOに申し立てた。2009年3月30日、BPOは重大な放送倫理違反があったとの判断を下し、テレビ朝日に勧告を行った[18]
  • 2009年11月9日の放送で、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の被疑者に関する報道をした際、被疑者の整形手術を施した医療機関とは全く関係の無い病院の看板を、「イメージ映像」のテロップを入れずに流した。医療機関には、取材の承諾を取っていなかった。病院からの指摘で発覚した。この件に関し、テレビ朝日は、翌日の『スーパーモーニング』と当番組で謝罪した。[19][20][21][22]
  • 2014年9月10日:川内原発をめぐる原子力規制委員会の記者会見での質疑応答の内容を誤って伝えた。取材対象の原子力規制委員会委員長の田中俊一が、2つの質問について回答を拒否したような発言をつなげたVTR原稿や編集を行った。規制委員会からの抗議を受け番組内で謝罪、訂正し、番組プロデューサーらが減給や譴責処分にした。2015年2月9日、BPOは客観性と正確性、公平性を欠いており放送倫理違反にあたるとする意見書を発表した[23]
  • 2015年2月2日:ISILによる日本人拘束事件に際して「外務省総理官邸に対し中東訪問自体を見直すよう進言していた」とし、安倍晋三首相イスラム国対策支援を表明した中東政策演説についても「官邸が主導して作成された」と報じた。外務省は翌3日、放送内容は事実と異なるとして、外務報道官川村泰久と中東アフリカ局長上村司の連名で抗議をおこなった[24][25]。テレビ朝日広報部は、放送内容は取材に基づくものであるとしている[25]
  • 2015年3月27日:ゲストコメンテーターとして古賀茂明を招いたがその際、「テレビ朝日や古舘プロダクション、官邸からものすごいバッシングを受けて辞めさせられることになった」などと予定に無い発言をした。古舘はその場を取り繕うが、「I am not ABE」と
     
    問題のフリップの再現
    書かれたフリップを持ち出し、「単なる安倍批判ではない」とした上で「圧力で(当番組の)編集担当の方が辞めさせられると聞いた」などと発言し、放送後番組幹部から「ニュースに関係無いこと言うな」「段取りと違う」と怒られたという[26]。しかし古賀も番組幹部に対しては「CM中に言うのは結構だが、私は名前を出して出演している。正々堂々と抗議するならあなたの名前を言っても困らないだろう」とし、しつこくついてくる放送局長に対しては「あなたはこういうのが仕事なの?違うでしょ?更迭じゃないならなぜ交代したの?守るのがあなたの仕事でしょ」などと反論した[27]。4月17日、自民党はこの放送を受け番組内容に問題があったとして、テレビ朝日の幹部から事情聴取した。自民党が個別の番組でテレビ局幹部から直接事情聴取するのは極めて異例[28]
  • 2015年9月:美容整形外科の高須クリニックは安全保障の法案の番組内での報道姿勢に偏向があるとして、10月以降のスポンサーをやめる発表をした。Twitter高須克弥社長自らが「失望しました。来月からスポンサーやめます。」とつぶやいている。後日、「法案に関しての意見についての意見もあればの意見もあるにも関わらず左に関して強調してあたかもそれが多数派であるかのように左にとってあまりに都合の良い報道だけをしている」、「反対運動を行う学生団体の活動を大々的に取り上げる一方で、賛成派の声は反映されていなかった」と気分が悪くなったと述べている[29][30][31]
  • 2016年2月4日:プロ野球の清原和博元選手の覚醒剤事件を巡り、元刑事とされる男性の「関西の元暴力団担当刑事」と称する人物の、「大阪を拠点とする元プロボクサーで世界チャンピオンをとった人から暴力団員の紹介を受けた」との証言を報じた。放送中からインターネットの掲示板では元プロボクシング世界王者の渡辺二郎氏を挙げる書き込みが多数投稿され、渡辺二郎氏はその後、清原元選手に暴力団関係者を紹介したかのように報道されたのは名誉毀損に当たるとして、テレビ朝日に1千万円の損害賠償を求め提訴した。テレビ朝日側は渡辺氏とは特定されないと主張したが、6月29日に大阪地方裁判所は、テレビ朝日に対し150万円の支払いを命じた。裁判長は過去の経歴などを基に「報じられたのが渡辺氏だと視聴者が連想するのは想像に難くない」と指摘。実際は渡辺氏と清原元選手に交友関係はないとして、報道内容が事実とは証明されていないと判断した[32][33]
  • 2016年3月16日:番組の水曜日コメンテーターを担当するショーン・マクアードル川上ことショーンKの学歴および経歴詐称疑惑が週刊文春の報道によって発覚し、ショーンはテレビ朝日に番組降板を申し入れた。疑惑報道が出た16日には、ショーンの学歴および経歴詐称、番組降板の件について当番組では一切触れられなかったが、ショーンが出演する予定であった翌17日の放送の冒頭で古舘がこの件について謝罪を行った。経歴詐称報道が出て以降は、番組連動のデータ放送内の出演者情報(2016年3月31日まで存在した)の中で紹介されていたショーン・マクアードル川上の情報そのものが抹消された。
  • 2016年6月21日:この日収録の党首討論にて、終了を18時とアナウンスしていたが予定より延長してしまう。この事について安倍晋三首相が「時間を守ってもらわないと困る。飛行機の時刻に遅れる」と苦言を呈すと朝日新聞[34]等各マスコミはこの安倍の発言を問題視した[35][36]。これに対して安倍は秘書名義でFacebook上にて「テレビ朝日側が「18時の終了を厳守するのでやりたい。」との収録時間の厳守を条件に了解した」「こちらが席を立たなければならない事をわかっていて18時を過ぎてから質問を投げかけ、あたかもこちらが打ち切った様な印象を与える演出は卑怯」「国会では総理が1分遅れても陳謝或いは散会になります。みんなの大切な時間は守る事は社会人なら当たり前でしょう」と反論した[37]。なお民進党岡田克也代表は「あれが首相の姿かと思うとがくぜんとする」と発言。公明党山口那津男代表おおさか維新の会片山虎之助共同代表らは我々にもスケジュールがあるので時間は守って欲しいとの見解を示した。J-CASTニュースは一連の出来事についてテレビ朝日広報部にコメントを求めたが、「放送に至る過程については、従来お答えしておりません」と返答している[35]
  • 2017年:4月以降、「きょうの熱盛」のコーナーで使われるテロップと効果音が無関係な場面で放送されてしまう放送事故が複数回発生している(詳細)。
  • 2017年6月7日:福岡県小郡市の母子3人殺害事件で、殺害された長男として、事件とは関係のない別人の写真を誤って放送した。翌日発覚し、同日の放送内で謝罪した[38]
  • 2018年6月18日:同日発生した大阪府北部地震に関する報道の際、高槻市にて崩壊したプールのブロック塀の下敷きになり死亡した女児の実名を報じたうえ、同級生の児童に対し「(友達が)亡くなってどう思うか」という趣旨のインタビューを行うなど、配慮に欠けた報道を敢行。さらに、スタジオにてコメンテーターの後藤が「違和感を感じたのは参議院の決算委員会が行われたこと」「被害が拡大しているときに政府がどうするのか。そこに思いが至っていない」と発言し、続けて「3.11のときにも決算委員会があった。このときは菅さんの政権でしたけども、中断されて直ちに官邸に全員集合した。大都市で起きた地震ですから、官邸に全員集合してですね、対応することも十分可能だったと思いますね」との主張を展開し、東日本大震災時の菅内閣を称賛するかのような体で安倍内閣の対応を批判する内容を放送した。この放送内容に対し、視聴者から「子供に『友達が亡くなってどういう気持ち?』と聞くのはありえない」「被災者にインタビューする神経がわからない」といった批判の声が殺到し、後藤の主張に対しても「大阪地震を政府批判の材料にしている」「結局政府を批判したいだけだったのか」「菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛しているのか」などの批判が挙がり、炎上する事態となった[39]
  • 2019年2月7日:同月6日、立憲民主党国対委員長の辻元清美韓国弁護士から、少なくとも2年間に渡り献金を受けていたことを夕刊フジがスクープした。このニュースはインターネット上で話題となり、辻元への批判が挙がった。しかし同日の放送では、当該ニュースを取り上げた時間がわずか1分ほどで、弁護士の国籍についても「外国籍」という曖昧な表現がされ、辻元側が「国籍は確認していない」ことと「既に訂正」したことを強調する内容となっており、コメンテーターの後藤からの言及もなかった。政治資金規正法に抵触しかねない問題だけに、この放送内容についてネットユーザーからは疑問の声が相次いだ[40]
  • 2019年12月10日:「桜を見る会」に関する報道の中で、自民党の世耕弘成参院幹事長が記者会見で「(総理は)説明できる範囲はしっかり説明をした」と述べた後に、続けて記者会見終了後の「年内の定例会見はいつまでやるんですか?」との問いに「えっ?もう『良いお年を』というか…(笑)」と答えた映像が続いた。世耕はTwitterで「今夜の報道ステーションの切り取りは酷い。私は定例記者会見が終わった後、今日の会見が今年最後になるかもしれないという意味で『良いお年を』と言っただけなのに、それを桜を見る会と絡めて、問題を年越しさせようとしているかのように編集している。印象操作とはこのことだ」「今日の世耕の会見の『総理は十分説明した』というコメントと、会見終了後に今年最後の会見の可能性があるので『良いお年を』と言ったことは時間的にも、文脈的にもつながっていない。なのに報道ステーションは『総理が説明したから、良いお年を』という風につなげて編集している。印象操作」と批判した。翌11日、テレビ朝日報道局長が幹事長室に来訪し、会見終了後の映像を使用したこと、文脈の異なる部分を繋いで編集したことが不適切であると謝罪した。また、同日の番組内で、メインキャスターの富川悠太アナウンサーが「昨日、桜を見る会のニュースの中でVTRの最後に、自民党の世耕参院幹事長が『良いお年を』などと発言した様子をお伝えしました。これは定例記者会見が終わった後の世耕氏の発言で、今後の会見予定について述べたものでした。桜を見る会とは直接関係のない発言で、放送ではその説明が丁寧ではありませんでした。誤解を招く表現につきまして、世耕氏並びに視聴者の皆さまにおわびいたします」と説明、謝罪した[41][42][43]

タイムテーブル

下記はテレビ朝日のタイムテーブル。時刻はあくまで目安。

  • 21:54.00 オープニング
  • 21:54.20 トップニュース
  • 21:56 CM(120秒)
  • 22:35 ニュースフラッシュ
  • 22:40 天気予報
  • 22:42 SPORTS
  • 22:52 特集
  • 23:03 ニュースフラッシュ(1項目のみ)
  • 23:05 株式情報・エンディング
  • 23:05.55 CM
  • 23:08.55 次番組アイキャッチ
  • 23:09.00 放送終了
備考
  • 日によってはSPORTSと特集の順序を入れ替えることもある(特にプロ野球のシーズン時がそれに該当する)。
  • テレビ朝日では、エンディングの後CMを挟んで後続番組であるネオバラエティまたは金曜ナイトドラマの5秒予告が流れる。画面隅に「報道STATIONのあとは…」の表記が入る。
  • 朝日放送では、裏送りのエンドタイトルに差し替え。後続番組「ナイトinナイト」「探偵!ナイトスクープ」の予告は、エンドタイトルの後で15秒枠で放送。
  • 上記以外の放送局でもキー局の後続番組を放送しない場合は裏送りのエンドタイトルに差し替えとなる。
    • 2010年春頃までは、テレビ朝日以外のネット局もエンドタイトルに差し替えていた。初代の映像は、照明が暗くされた無人のスタジオをバックに、右下に「報道STATION / See you!」と表記したもの。後期の『ニュースステーション』のエンドタイトルのスタイルを引き継いでいた。2011年4月18日の放送から使われている2代目の映像は、照明は明るいままの無人のスタジオをバックに右下に「報道STATION」と表記したものとなる。
    • 熱闘甲子園』放送期間中は上記の扱いはなされず、エンディング後のCMを挟んでから、朝日放送からの送出によりテレビ朝日を含めた全ネット局とも同番組の5秒予告が流れる形になっている(画面端に「報道STATION」のタイトルロゴも表記して、エンドクレジットも兼ねている)。
    • 速報!甲子園への道』放送期間中は、同番組を先行放送する朝日放送のみ同番組の5秒予告をエンドタイトルの代わりに流す(フォーマットは前述の『熱闘甲子園』のものに準じたもの)。

ニュースステーションとの相違点

『Nステ』と本番組は放送時間帯が同一であるばかりか番組名まで酷似しているため、『報ステ』が『Nステ』を改題・新調したものと誤解されがちであるが、テレビ朝日および同番組を制作していたオフィス・トゥー・ワンは『報ステ』を『Nステと全く関係のない別番組としており、オフィス・トゥー・ワンは本番組の制作に一切関わっていない。

  • 出演者は総入れ替えを行った。しかし、『Nステ』スポーツコーナーに携わった河野明子、角澤照治、栗山英樹は『報ステ』にも出演することになった。また、『Nステ』スポーツ特集でリポーター兼ディレクターとして携わった宮嶋泰子は引き続き『報ステ』スポーツ特集にもリポーター兼ディレクターとして携わることになった。
    • ちなみに市川寛子は『Nステ』で河野・角澤・上山千穂の不在時の代行キャスターを担当していたことがある(2003年7月14 - 16日、21 - 23日、28 - 30日)。
  • 制作会社・出演者のマネジメントはオフィス・トゥー・ワン(久米や渡辺真理、出演中にテレビ朝日を退社した小宮悦子など)から古舘プロジェクト(古舘と長野智子)へ変更。『Nステ』ではオフィス・トゥー・ワンがマネジメントから番組の制作も行っていたが、『報ステ』において古舘プロジェクトは出演者のマネジメントに留まる。
  • 営業面においては放送時間とタイム広告の本数は『Nステ』よりそのまま引き継いだ。また、午後10時までに1本目のCM、11時以降に7本目のCMという構成も引き継がれた。しかし、本数やCMのタイミングに関しては変更を行なっている。また、2010年よりタイム広告の分散が行われ、番組終盤にもタイム広告が挿入される。
  • 久米と古舘は共に、テレビ朝日のニュース番組(Nステ・報ステ)開始後もしばらくの間、日本テレビの『おしゃれ』シリーズ(『おしゃれ』・『おしゃれカンケイ』)を継続して出演した。
  • 番組開始から『Nステ』同様前半30分弱の区切りにあたるところで提供クレジットが流れた後、「引き続き報道ステーションをお送りします」(この時に「このあともひきつづき『報道STATION』をお送りします」と表示)と言っていたが、2009年頃からこの台詞とテロップがカットされ、提供クレジット表示のみとなっている。
  • ANNのプライムタイムニュースの位置付けになっており、現在は番組の最後に「制作:ANN系列各社、制作著作:tv asahi」と表示されているが、以前は『Nステ』と同様にANN共同制作のネットニュースではなく、ANN系列各局はあくまでも「協力」となっていた(協力:ANN系列各社、制作著作:tv asahi)。

番組タイトル

テレビ朝日は当初、久米宏の『Nステ』降板後、古舘を後任キャスターとして据える形で『Nステ』を続ける予定だったが、久米本人が「降板した後は、『ニュースステーション』という番組自体終わると聞いていた。番組が継続するのはおかしい」と主張し、別タイトルの新番組としてスタートさせる事になったとされる。新聞報道では「『Nステのいい所を引き継ぐ意味で」とされた。

後任として白羽の矢を立てられた古舘は元同局アナウンサーではあるものの、それまでバラエティー番組の司会やプロレスなどのスポーツ実況を多く担当しており、報道番組のキャスターとしてその「軽いイメージ」を覆す必要から、番組タイトルをあえて重いイメージの漢字の「報道」にしたという。

その他

  • 報道特番で放送が前倒しされる場合、本来の放送開始時間まではあくまでも「ANN報道特別番組」として放送する。このため、テロップなどは報道ステーションのものを使用するが、テロップに含まれている「報道STATION」のロゴは消去される。本来の放送開始時間に達すると画面右上に「報道STATION」と表示して、番組開始を示す場合もある。
  • 2007年5月29日の放送で、「巨人5000勝・名場面 感動の復活劇」で1994年5月18日福岡ドームで当時巨人槙原寛己投手の完全試合などの模様を放送したが、この時の音声は一部当時テレビ実況を担当した日本テレビの実況音声そのままだった。
  • 放送中に字幕スーパー誤植があった場合、サブキャスターが訂正と同時に謝罪するが、時折「最近多いですね」「あってはならないことです」「本当に気を付けます」など前置きをする事がある。
  • 2007年11月16日の放送で千葉県市川市の高層マンション鉄筋不足問題に関して報道。販売元が当時のスポンサーであったため、放送ではあえて「大手企業」とした。
  • 前番組終了後のクロスプログラムは生放送という性質上、(2010年4月以降)前番組の出演者が「(番組名)の後は報道ステーション」と振ることはなく、その日のニュース素材から注目の項目1つを選び、字幕(とナレーションも)を入れて放送している[44]。前番組が放送時間を延長した場合、番組中にもクロスプログラムを放送する。

古舘について

  • 2004年3月まで毎日新聞のコラムを担当していたが、コラムの中でイラクを訪れたことを記している。
  • 番組開始にあたり試行錯誤が見受けられる。テレビモニターにニュースの一覧を表示し、その中からひとつ選んで古舘が自身なりの解説を行うコーナーを設けたが、2004年内で終了した。
  • 服装は番組開始当初はラフなスタイルをしていたが、後にスーツ姿とネクタイという着こなしに変わった。
  • 冒頭の第一声で「こんばんは」と挨拶をするが、2005年から挨拶なしにオープニング後すぐに前置きと共にニュース本編に入る様になっていた(角澤照治や河野明子がメインを代行する時には挨拶がきちんとなされている)。放送開始3周年になる2007年4月5日から「すぐニュースをお伝えしたいと考えていたが、挨拶は人間として最低限するべき事と気付いた」と発言し、再び「こんばんは」と挨拶する様になった。
    • 同局の夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』でも2005年10月からの一時期、挨拶がなくなっていたが、2008年6月30日から復活している。
  • 古舘が金曜コメンテーターを紹介する時に「今日のコメンテーターは、おなじみの○○先生(さん)です」と、ほぼ必ず「おなじみの」を加えて紹介する。
  • 天気予報に入る前に古舘は稀に「気になります」を言って天気予報に入る。
  • 古舘は毎年1週間の夏休みをとっており、他局のキャスターよりも夏休みの期間が少ない(他局のキャスターは2週間ほどで、『Nステ』の久米宏は毎年3週間の夏休みをとっていた)。
  • 番組開始当初の古舘はイラク戦争後のアメリカに対する批判的発言が多く、当時の米大統領だったジョージ・W・ブッシュを「ブッシュ」、副大統領を「チェイニー」と番組内で呼び捨てにしていた。自国の総理大臣である小泉純一郎は「小泉さん」と「さん」付けである。

ネットワーク

スタッフ

過去のスタッフ

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opening/index.html
  2. ^ 関東地区・ビデオリサーチ社調べ
  3. ^ 2018年7月〜10月は産休のため休演。
  4. ^ 2006年7月3日に放送された日本テレビの深夜番組『みのもんたの“さしのみ”』に古舘がゲスト出演した際、みのが報ステ出演を直訴したことがきっかけで、出演が実現した。
  5. ^ “工藤公康氏「報ステ」に登板!栗山氏後任”. 日刊スポーツ. (2012年1月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120113-888691.html 2013年6月7日閲覧。 
  6. ^ 後者は沢城みゆきの産休時の代役として出演。
  7. ^ 全国!職業別意見帳~豆腐屋さん編
  8. ^ 首相、テレビ出演の視聴率6・9%… - MSN産経ニュース
  9. ^ 第一シリーズの初回で2時間スペシャル、この回は、関東地区では18日14:04 - 15:51にやり直し放送を行った。その他の地域でも後日やり直し放送が行われた。
  10. ^ 産経新聞 マック改竄 テレ朝が証言者偽装(1/2ページ)
  11. ^ 放送倫理委員会 委員会決定第03号
  12. ^ Jcastニュース2008年2月5日
  13. ^ 産経新聞 マック改竄 テレ朝が証言者偽装 (2/2ページ)
  14. ^ a b c テレ朝<マック改竄>証言女性は「古舘プロに入社」していた 週刊新潮 2008年7月17日号 41P
  15. ^ 日本原燃がテレ朝に抗議、「報ステ」特集で不許可映像など放送 2008年4月17日 産経新聞
  16. ^ テレビ朝日、日本原燃抗議で一部間違い認める 2008年4月22日 産経新聞
  17. ^ “テレ朝古舘コメントで自民党取材締め出し”. 日刊スポーツ. (2008年6月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080607-369133.html 2011年1月12日閲覧。 
  18. ^ テレビ朝日に放送倫理違反 放送人権委員会が勧告 MSN産経ニュース(2009年3月30日付)
  19. ^ 別の病院の看板を放送 テレ朝報道ステーション - 47NEWS(よんななニュース)
  20. ^ 「報道ステ」テロップなし放送、テレ朝がおわび : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  21. ^ テレビ朝日:市橋容疑者報道 整形手術病院を間違って放送 - 毎日jp(毎日新聞)
  22. ^ 「市橋容疑者の整形手術」 テレ朝報道ステーションが別の病院の看板を放送 - MSN産経ニュース:
  23. ^ BPO放送倫理検証委員会、テレビ朝日『報道ステーション』「川内原発報道」に関する意見を公表。「客観性と正確性を欠き、放送倫理に違反している」産経新聞 2015年2月9日
  24. ^ 2月2日放送 テレビ朝日「報道ステーション」の報道(総理中東訪問関連)に関する申し入れ 外務省
  25. ^ a b “外務省がテレ朝に訂正要請 首相の中東訪問報道”. 共同通信社. 47NEWS. (2015年2月4日). http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020401001992.html 2015年5月7日閲覧。 
  26. ^ 「報道ステーション」終了直後の古賀茂明氏に岩上安身が緊急直撃インタビュー!降板の内幕を衝撃暴露
  27. ^ さらに続報! 古賀茂明が『報ステ』放送中・放送後のスタッフとのやりとりをすべて明かした!
  28. ^ 自民がテレ朝・NHK幹部聴取BPO申し立て検討も
  29. ^ 高須克弥twitter 22:28 - 2015年9月16日
  30. ^ 高須クリニック「報ステ」スポンサーを降板、安保法案報道めぐり「失望」
  31. ^ 高須院長、「報ステ」スポンサー降板真相初激白
  32. ^ “名誉毀損でテレ朝に賠償命令 渡辺二郎氏訴え認める”. 日刊スポーツ. (2017年6月29日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1847629_m.html?mode=all 2017年6月29日閲覧。 
  33. ^ “「清原氏に組員紹介」におわせた報道ステーションは「名誉毀損」 渡辺二郎氏の訴え認め、テレ朝に150万円賠償命令”. 産経新聞社. (2017年6月29日). http://www.sankei.com/smp/west/news/170629/wst1706290075-s1.html 2017年6月29日閲覧。 
  34. ^ 飛行機の予定が… 首相、収録時間超過に強く抗議 テレビの党首討論 朝日新聞、2016年6月22日閲覧。
  35. ^ a b 「報ステ」党首討論が大荒れ「学級崩壊」状態 安倍首相側「演出は卑怯」とテレ朝批判 J-CASTニュース、2016年6月22日閲覧。
  36. ^ 安倍首相が報ステで怒声「1分遅れたら飛行機乗れない」 日刊ゲンダイ、2016年6月22日閲覧。
  37. ^ 安倍 晋三 …秘書です。… | Facebook 2016年6月22日閲覧。
  38. ^ “テレビ朝日「報ステ」、殺害男児の写真取り違え”. 産経新聞社. (2017年6月9日). http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170609/afr1706090009-s1.html 2017年6月30日閲覧。 
  39. ^ “『報道ステーション』の大阪地震報道が大炎上 配慮のないインタビュー、最後は政権批判の材料に…”. リアルライブ. (2018年6月19日). https://npn.co.jp/sp/article/detail/40869577/ 2018年6月20日閲覧。 
  40. ^ “『報ステ』、辻元清美議員「外国人献金問題」の報道時間が短すぎて批判殺到? SNSとのギャップが物議”. リアルライブ. (2019年2月7日). https://npn.co.jp/sp/article/detail/38539977/ 2019年2月9日閲覧。 
  41. ^ 「報道ステーション」世耕弘成氏VTR編集を謝罪「誤解を招く表現」「説明が丁寧では…」印象操作の批判に”. www.sponichi.co.jp. 2019年12月11日閲覧。
  42. ^ 「報道ステーション」世耕参院幹事長のVTR編集を謝罪 富川アナ「誤解を招く表現」” (日本語). スポーツ報知 (2019年12月11日). 2019年12月11日閲覧。
  43. ^ テレ朝、報ステでおわび 自民世耕氏、放送前にツイート:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年12月11日閲覧。
  44. ^ 番組開始当初は古舘がその日のニュース素材から注目の項目1つを生予告で伝えるものだった。
  45. ^ かつては協力としてクレジットされていた。

関連項目

外部リンク

テレビ朝日系列 平日ニュース最終版スポーツニュース枠
前番組 番組名 次番組
ニュースステーション
(1985年10月7日 - 2004年3月26日)
報道ステーション
(2004年4月5日 - )
-----
テレビ朝日系列 平日22時台
ニュースステーション
※21:54 - 23:10
報道ステーション
-----