メインメニューを開く

西村 関一(にしむら せきかづ、1900年6月4日-1979年8月15日)は日本の牧師政治家。衆議院議員(3期)、参議院議員(2期)。アムネスティ・インターナショナル日本支部理事長。川北対合衆国事件の時には、減刑嘆願運動の中心的な人物として活動した。

西村関一
にしむら せきかづ
生年月日 1900年6月4日
出生地 滋賀県大津市
没年月日 (1979-08-15) 1979年8月15日(79歳没)
死没地 滋賀県大津市
出身校 自由メソジスト神学校
前職 近江兄弟社職員
所属政党 日本社会党
称号 勲二等瑞宝章

日本の旗 参議院議員
選挙区 滋賀県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1967年 - 1974年7月7日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 滋賀県全県区
当選回数 3回
在任期間 1958年5月23日 - 1966年12月27日
テンプレートを表示

生涯編集

人物編集

新東京国際空港(現・成田国際空港)の一坪共有地の名義人の1人であった[4]

著書編集

  • 『イスラエル・インド旅行』1954年

脚注編集

参考文献編集