メインメニューを開く

西鉄博多駅(にしてつはかたえき)は、かつて西日本鉄道(西鉄)宮地岳線(現・貝塚線)に存在したターミナル駅福岡市博多地域の東端(現在の博多区千代町千鳥橋)に存在した。

千鳥橋[注釈 1]
ちどりばし
(0.8km) 馬出三丁目
所在地 福岡県福岡市博多区
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 西鉄福岡市内線(宮地岳線)
キロ程 0km(千鳥橋起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1924年5月13日[1]
廃止年月日 1979年2月11日[2]
備考 1924年 - 1942年 新博多駅
1942年 - 1954年 西鉄博多駅
1954年 - 1963年 新博多
1963年 - 1979年 千鳥橋
テンプレートを表示

概要編集

宮地岳線が博多湾鉄道汽船によって建設された際、まさに博多側の起点ということで、既に国鉄博多駅が存在したことから新博多駅(しんはかたえき)の名で開業した。1942年昭和17年)に、同社が西日本鉄道へ統合された際、西鉄博多駅に改称した。

作家の夢野久作は、昭和初期に福博電車(後の西鉄福岡市内線)から、よくこの駅で博多湾鉄道に乗り換えたという。

だが1954年(昭和29年)、当駅 - 貝塚駅間は宮地岳線名義のまま電圧600 V1435 mm 軌間複線に改良され[2]、事実上福岡市内線に編入、同時に新博多に名称が戻された。その際、駅舎も撤去された[3]。その後1963年(昭和38年)に千鳥橋に改称され、1964年(昭和39年)には福岡市内線循環線の新博多駅前電停も千鳥橋電停に改称された。1979年(昭和54年)の福岡市内線全廃の際に千鳥橋 - 貝塚間も廃止され、それにより廃駅となった。

駅跡編集

西日本鉄道千代自動車営業所(後に西鉄バス千代自動車営業所)の構内ならびに駐車場となったが、2010年平成22年)に廃止[4]、施設はそのまま西鉄観光バス千代支社に転用されていたが、2015年(平成27年)8月1日に閉鎖され、2019年現在は、セブンイレブン博多千代5丁目店やはま寿司博多千代店等数店の店舗が所在している。

歴史編集

隣の駅編集

(福岡市内線編入前)

西鉄博多駅 - 箱崎宮前駅

(福岡市内線廃止直前)

千鳥橋 - 馬出三丁目

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 廃止時(1979年2月11日)の駅名

出典編集

  1. ^ a b 宮地岳・新博多間」『鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在』鉄道省、川口印刷所出版部、東京府東京市芝区、1937年12月28日、初版、430頁。2019年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c 宮地岳線1950年代”. 2019年3月14日閲覧。
  3. ^ にしてつ福岡市内線の記憶”. 2019年4月1日閲覧。
  4. ^ 乗合バス事業における営業所統廃合の実施について (pdf)”. 2019年4月1日閲覧。