解脱(げだつ、: mokṣavimokṣavimukti: mokkhavimokkhavimutti)とは、

  1. 仏教においては、煩悩による繋縛からき放たれて、全ての執着を離れることで、苦しみ輪廻の世界から悟り涅槃の世界へと出することを指す。
  2. ヒンドゥー教において用いられている究極的な意味合いにおいては、サマーディ(三昧)に入定し、サンサーラ(saṃsāra, 輪廻)の迷いの境界から脱することを指す。
  3. ジャイナ教においては、 モークシャといい、という存在にとって至福の状態であり、の呪縛や輪廻からの完全なる解放である。

解脱を果たしたものを解脱者(: vimukta, : vimutta)と呼ぶことがある。

このmokṣa(モークシャ)という言葉はけっして仏教のみの術語ではなく、ニルヴァーナ(: nirvāṇa, 涅槃)と共に古くからインドで用いられ、人間の究極の目標や理想を示す言葉として用いられてきた。

目次

語義編集

mokṣavimukti√mucを語根とする。これは「開放する」「放棄する」などの意味である。全ての束縛から離れることである。

大乗仏教編集

大乗仏教では繋縛を離れて自在を得る意味と解釈され、古来、「自在」と解釈されてきた[1]。それは、外からの束縛の解放や自由より、内から自らを解放することや自由を獲得することを重要視する。

仏教における解脱編集

仏教では、この解脱に心解脱(しんげだつ)、慧解脱(えげだつ)、倶解脱(くげだつ)の別を説く。

  • 心解脱 - 三昧によって心に貪著を離れること。
  • 慧解脱 - 智慧によって無明を破ること。
  • 倶解脱 - 心に貪著を離れることと、無明を破ることの二つによって解脱することをいう。

諸宗教・宗派間の解釈の違い編集

仏教以外のインド一般の教えでは、輪廻からの離脱であるからむしろ空相的世界の意味が強く、仏教の場合も、部派仏教では無余涅槃を究極の目的としており、身心都滅(しんしんとめつ)にして初めて解脱であるから、空相的な意味が強い。しかし、後の大乗仏教では解脱といっても、無住処涅槃の理想からいえば、生死にも涅槃にも囚われないまったくの無執着、逆にいえば任運自在の境地をいうとみてよいから、実相的な意味あいである。

ジャイナ教における解脱編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 「解脱というは、作用自在を謂う」(『華厳大疏』)