ピジン言語(ピジンげんご、Pidgin language、または単にPidgin)とは、現地人と貿易商人などの外国語を話す人々との間で異言語間の意思疎通のために互換性のある代替単語で自然に作られた接触言語

英語と現地の言語が混合した言語を「ピジン英語」といい、英語の“business”が中国語的に発音されて“pidgin”の語源となったとされている(諸説ある)。

例えば、“Long time no see.”(「お久しぶり」)は明らかに英語の構造を持っていないが、それなりに意味が伝わる(インディアン・ピジンAmerican Indian Pidgin Englishの一例)ので多用されている。

目次

特徴編集

ピジン語の(単語における)特徴は概ね次の通りである[1]

  • ベースとなる言語の語形変化が単純化される。
  • 語彙はベースとなる言語に比して極端に少ない。一つの単語が多義的に用いられる。
  • ベースとなる言語の語彙以外に、他の言語の語彙が混入する。

さらにピジン語の文の特徴として[2]

補助言語から共通語としての社会的な公的地位を与えられることもあり、「ピジンの拡張」と呼ばれる。

ピジン言語の例編集

ピジン英語の例編集

ピジン日本語の例編集

  • 「私、中国人あるね。」→協和語役割語
  • 横浜ピジン日本語[2]
    中国語と英語と日本語の合成
    (横浜に居住していた英語圏の人々や中国語圏の人々が上層言語である日本語を話す必要があったことから発生。日本語が上手でなかった英語圏の人々や中国語圏の人々は日本語を中間言語的に使用し、また、その人たちと会話する日本人は自らの語る日本語をフォリナートークとして語った。そのような形の中間言語が、最終的に、英語圏の人々と中国語圏の人々という第三者である外国人同士が会話で使用することにより、日本語としての間違いが修正されることなく固定化することによってピジンが形成された。)
    ワタクシ テンポ ハイキン ナイ ナガイ トキ (私は長い間天保を拝見していない。I have not seen a tempo for a long time.)[5]

またパラオの公用語で使われる日本語にも同様の言い換えがみられる。

ピジン中国語の例編集

『国語文化講座 第六巻 国語進出篇』[6]より、満洲国におけるピジン中国語(「満州ピジン」とも)の実例。

日系官吏の妻と、「満系」(現地の中国人)の野菜売りの会話。

  • ニーデ、トーフト、イーヤンデ、ショーショー、カタイカタイ、メーユー?(你的、豆腐と、一样的、少少、固い固い、没有?)
    直訳「あなたの、豆腐とおんなじでちょっと固いもの、ない?」
    意訳「コンニャクはない?」
  • ニーデ、チャガ、ダイコン、ナカ、トンネル、ターター、ユーデ、ブーシンナ!(你的、这个、大根、中、tunnel、大大、有的、不行哪!)
    直訳「あなたの、このダイコン、なか、トンネル、大々的に有る、ダメよ!」
    意訳「このダイコンには(す)が入(い)っているわ。値段を安くして」
  • トンネル、メーユー!(tunnel、没有!)
    直訳「トンネル、ない!」
    意訳「鬆なんか、入っていませんよ」

ピジン言語のクレオール化編集

ピジン言語が地元に根付き、母語として話されるようになった言語をクレオール言語という。旧植民地の地域全体に通じる言語がない場所に多く存在する。親の世代に第二言語として話していたピジン言語が、母語として使用され定着する過程をクレオール化と呼ぶ。言語名に「ピジン」とあってもクレオール言語として定着しつつある言語(上記のメラネシアの例参照)も多い。ある程度定着してまとまった数の母語話者がいる場合は、「ピジン言語」ではなく「クレオール言語」に分類される事が多いが、分類にはっきりとした決まりがあるわけではない。一括してピジン・クレオール諸語といった表現も存在する[7][8]

脚注編集

  1. ^ 金水敏「日本マンガにおける異人ことば」(伊藤公雄編『マンガのなかの<他者>』臨川書店 2008年pp.14-60)。
  2. ^ a b 放送大学「日本語からたどる文化 第12回」放送大学 2011年
  3. ^ ダニエル・ロング1998年 小笠原諸島における言語接触の歴史」
  4. ^ Mio, Jeffrey Scott (January 1, 1999). Key Words in Multicultural Interventions: A Dictionary. Greenwood Publishing Group. p. 137. ISBN 0313295476. http://books.google.com/books?id=UQnUTLMeds0C&pg=PA137&lpg=PA137&dq=%22go+for+broke%22+pidgin&source=bl&ots=_WPOPv-KSt&sig=iTllGd3XloYMg2RiOqeX9RkE3-4&hl=en&sa=X&ei=S5RtUpX_LIKQiALC54Ew&ved=0CF4Q6AEwCA#v=onepage&q=%22go%20for%20broke%22%20pidgin&f=false 2013年10月27日閲覧。. 
  5. ^ 「日本語からたどる文化」第12章 言語接触 - ダニエル・ロング原著、大橋理枝/ダニエル・ロング共著 放送大学教材(2011年3月刊/2017年4月17日閲覧)
  6. ^ 朝日新聞社、昭和17年
  7. ^ 小野智香子、2007年 世界のピジン・クレオール諸語-実際の言語の例- (PDF)
  8. ^ 松岡正剛、2005年 松岡正剛の千夜千冊-第千八十五夜-今福龍太『クレオール主義』

参考文献編集

関連項目編集