メインメニューを開く
熊本県託麻郡の位置

託麻郡(たくまぐん)は、熊本県肥後国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる[1]

  • 熊本市
    • 中央区の一部(概ね白川以南)
    • 東区の大部分(概ね石原町・吉原町・弓削町・石原・御領・秋津町秋田・秋津町沼山津・秋津・沼山津・秋津新町・昭和町・東野・花立・桜木を除く)
    • 南区の一部(概ね近見、日吉、南高江、元三町より北東)

歴史編集

近世以降の沿革編集

本山村、世安村、十禅寺村、平田村、上近見村、中近見村、下近見村、高江村、平野村、方指崎村、西村、西牟田村、本庄村、春竹村、別所村、八王寺村、前牟田村、上長溝村、中長溝村、下長溝村、今村、九品寺村、本村、大江村、渡鹿村、新南部村、下南部村、上南部村、長嶺村、小山村、中江村、戸島村、鹿帰瀬村、田迎村、出仲間村、八反田村、笛田村、上笛田村、四才町村、良間村、小原村、下木部村、中木部村、上木部村、田井島村、重富村、所島村、下無田村、上無田村、下江津村、江津村、竹宮本村、竹宮下村、竹宮西外村、竹宮東外村、竹宮外村、竹宮新外村、神水村、国府村、保田窪村[2]
  • 明治4年7月14日1871年8月29日) - 廃藩置県により熊本県(第1次)の管轄となる。
  • 明治5年6月14日1872年7月19日) - 白川県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年) - 以下の各村の統合が行われる。(46村)
    • 近見村 ← 上近見村、中近見村、下近見村
    • 元三村 ← 平野村、方指崎村、西村
    • 長溝村 ← 前牟田村、上長溝村、中長溝村、下長溝村
    • 良町村 ← 四才町村、良間村
    • 木部村 ← 小原村、下木部村、中木部村、上木部村
    • 別所村が春竹村に、八反田村が出仲間村に、上笛田村が笛田村にそれぞれ合併。
  • 明治8年(1875年12月10日 - 熊本県(第2次)の管轄となる。
  • 明治9年(1876年) - 竹宮本村・竹宮下村・竹宮西外村・竹宮東外村・竹宮外村・竹宮新外村が合併して健軍村となる。(41村)
  • 明治12年(1879年1月20日 - 郡区町村編制法の熊本県での施行により、行政区画としての託麻郡が発足。「飽田託麻郡役所」が飽田郡横手村に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治13年(1880年) - 合志郡小山御領村・石原村・吉原村・弓削村の所属郡が本郡に変更。(45村)
 
51.本庄村 52.本山村 53.春竹村 54.大江村 55.供合村 56.広畑村 57.小山戸島村 58.健軍村 59.出水村 60.画図村 61.日吉村 62.元三村 63.田迎村 64.部田村(紫:熊本市 1 - 41は飽田郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・熊本市。(14村)
    • 本庄村本山村(それぞれ単独村制)
    • 春竹村 ← 春竹村、八王寺村
    • 大江村 ← 九品寺村、本村、大江村、渡鹿村
    • 供合村 ← 新南部村、下南部村、上南部村、吉原村、石原村、中江村、弓削村、鹿帰瀬村、小山村[一部]
    • 広畑村 ← 保田窪村、長嶺村、小山御領村
    • 小山戸島村 ← 小山村[大部分]、戸島村
    • 健軍村 ← 健軍村、神水村
    • 出水村 ← 今村、長溝村、国府村
    • 画図村 ← 江津村、下江津村、所島村、重富村、上無田村、下無田村
    • 日吉村 ← 世安村、十禅寺村、平田村、高江村、近見村
    • 元三村 ← 元三村、飽田郡野田村
    • 田迎村 ← 田井島村、田迎村、出仲間村、良町村
    • 部田村 ← 笛田村、木部村、西牟田村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「飽田託麻郡役所」の管轄区域をもって飽託郡が発足。同日託麻郡廃止。

脚注編集

  1. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。
  2. ^ 記載なし。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
飽託郡