謝国権

日本の医師

謝 国権(しゃ こくけん、1925年6月28日 - 2003年11月12日)は、日本医師産婦人科)。日本医科大学医学博士。著書『性生活の知恵』で知られ、奈良林祥ドクトル・チエコと並ぶ日本の性医学評論のパイオニアとして活動した。日本赤十字社本部産院(現在の日本赤十字社医療センター産科)産婦人科医局長在任当時、同書がベストセラー(100万部)となった。元・謝国権診療所所長。

人物・来歴編集

1925年(大正14年)6月28日東京府(現在の東京都)に、台湾出身の詩人・謝溪秋(1892年 - 1959年)の三男として生まれる。

1959年(昭和34年)、「新生児の核黄疸に関する研究」で日本医科大学医学博士[1]

1960年(昭和35年)、『性生活の知恵』を執筆・発表し、ミリオンセラーとなる。

1962年(昭和37年)、日本赤十字社を退職、都内世田谷区上馬五丁目に産婦人科の診療所「謝国権診療所」を開業する。

2003年(平成15年)11月12日、死去。78歳没。

ビブリオグラフィ編集

  • 『お産 - らくなお産と上手な避妊法』(池田書店、1958年)
  • 性生活の知恵』(池田書店、1960年)
  • 『人間の性反応 - マスターズ報告』(原著Virginia E. Johnson、池田書店、1966年/1980年) - 翻訳
  • 『結婚前後の知恵』(池田書店、1968年)
  • 『愛 - The Love in sex life』(池田書店、1969年)
  • 『姿 - Lure of postures』(池田書店、1970年)
  • 『性の生態学 - 生きのびるための知恵』(原著ドナルド・E.カー講談社、1971年) - 黒田洸一と共訳
  • 『図解妊娠と出産』(池田書店ウイッチ・ブックス、1979年)
  • 『人間の性不全 - マスターズ報告2』(原著Virginia E. Johnson、池田書店、1980年) - 翻訳
  • 『同性愛の実態 - マスターズ報告3』(原著Virginia E. Johnson、池田書店、1980年) - 翻訳
  • 『Happy sex - 相談できない性の相談』(光文社、1980年)
  • 『ぱーふぇくと・らぶ』(毎日新聞社、1988年)

フィルモグラフィ編集

脚注編集

  1. ^ 新生児の核黄疸に関する研究”. CiNii Dissertations. 2020年12月5日閲覧。

関連事項編集